『議員たるもの、自分の政策は正直に国民に示して選挙を行うべき』ですよね、吉田康一郎さん。

| コメント(4) | トラックバック(0)

吉田康一郎氏とともに『都議会四天王』(現在は三羽烏に戻ったのかしら?)と呼ばれている土屋敬之(つちやたかゆき)氏が自身のブログで民主党マニフェストを痛烈批判されているご様子で。


2009年7月31日(金) No.419エントリー「!?」
2009年8月3日(月) No.420エントリー「本当のことを書いて何が悪い」
いずれも今日の"つっちー"より参照のこと。※個別エントリーへのURLがわかりませんでした


さて、ks-laboとしてはやはり中野区民主党都議 吉田康一郎氏がどのような反応をされているかが気になるところですが、今のところ氏のHPを見る限りでは特に更新情報はないようです。


今後の吉田康一郎氏の発言に注視したと思います。

それにしても土屋氏の2009年7月31日(金) No.419エントリー「!?」での、

> 政党たるもの、議員たるもの、自分の政策は正直に国民に示して選挙を行うべきではないか。
との一文は、都議選終盤戦、掲示板に貼りだされている自身のポスターのスローガンの上から民主党ロゴの政党ステッカーを被せて貼った吉田康一郎氏に対しての皮肉なメッセージに思えてなりません。


200907_yoshida_a.jpg → 200907_yoshida_b.jpg


気持ちはわかりますよ。貼るのももちろん違法ではありませんし。
でも、その貼った位置がちょっと。自身のスローガン(政治信条)に被せてまで貼ってはねぇ。


このポスターにせよ、選挙公報にせよ、在特会との関係にせよ。


『議員たるもの、自分の政策は正直に国民に示して選挙を行うべき』ですよね、吉田康一郎さん。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ks-labo.info/MTOS/mt-tb.cgi/65

コメント(4)

三鷹にも行っていたそうですよ。
私のブログでも触れました。


瀬戸氏、黒田氏らが騒いでいる「殺害未遂事件」。

これまた、中野の妙観講員がネタ元のようです。

つくづく縁があるようですね。

コメントする