隣接法律職の黒田大輔氏(通称クロダイ)は、憲法の精神に反してはいないか?

| コメント(4) | トラックバック(0)

りゅうオピニオンさんがすでにバッサバッサと斬っておりますので、

2009年08月25日「実際には「政教分離を考える会」ビラを撒き、問い詰められると「池田大作の品格」ビラを撒いていたと言い訳する妙観講員らの情報を入手。公選法違反を認識しているようだ
2009年08月26日「黒田大輔氏があわてて追記して言い訳するも2種類のビラ配布を自白。また誰かに怒られたんでしょうね。可哀想に

ks-laboとしては現時点で気になった点をひとつ。


黒田大輔氏(通称クロダイ)が暴行を受けたとシャカリキに宣伝している動画を拝見しました。


黒田氏は軽犯罪法1条28項(つきまとい行為)を声高々に訴えていらっしゃいますが、そのやり取りの中で相手男性に対して、驚くべき詰問をしています。

あんた創価学会員か? イエスかノーで答えろ!」 (1分45秒あたり)
「創価学会なら、池田大作は脂狸ですと言ってみろ!」(1分55秒あたり)


後者を叫んでいるのは黒田大輔氏ではなく同行者ですし、低レベルな悪口で発言者のお里が知れるようなものですので、ここはほっときます。

今回取り上げる問題は前者ですね。
イエスかノーで答えるということは、信仰の告白ということになりますでしょうか。


これは、日本国憲法第19条「思想・良心の自由」第20条「信教の自由と政教分離原則」の精神に反しておりませんか?

すなわち『沈黙の自由(信仰の告白を強制されないこと)』を侵害しているのではないか? ということです。


勘違いな解釈とはいえ『政教分離を考える会』のビラを配布している隣接法律職の黒田大輔氏(通称クロダイ)が、そんなことでいいのでしょうか? それとも全て納得の上でしょうか?

ぜひとも今後の言動でその答えを示していただければと思います。


あっ、黒田大輔氏の大好きな軽犯罪法には、1条16項「虚構の犯罪又は災害の事実を公務員に申し出た者」というのもありますが、そんなことは当然ながらご存知ですよね?


[お断り]
当方は法律のプロでもセミプロでもありませんので、誤認識等ありましたらご指摘いただければと思います。誰かと違って素直に謝りますので(^^;;

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ks-labo.info/MTOS/mt-tb.cgi/79

コメント(4)

どもです!紹介ありがとうございます。

フリーメールのアドレス取得しました!

「りゅう」のブログに貼り付けておきましたので、何かと情報交換できればと思っております。

よろしくおねがいします?。

おはようございます。ご無沙汰いたしております。

選挙前には公明党に様々な妨害が入るものですけれど…、何か雰囲気が異様ですね。日顕一派の妨害行為はよく知られたものですが、妙観講も今が踏ん張り時ではあるんですよね。何とか日如の次の代に日顕の息子の阿部信彰がつくまでは、正宗内で生き残らなければならない。日如と妙観講は険悪ですからね。裁判で宗門にまで責任の及ぶような手痛い敗訴を招いた妙観講は、こちらの想定以上に宗内で追い込まれているようですし。
ところで、黒田氏という方は妙観講ですか?本尊がどうのこうのと難癖をつけている動画を見たことがありますが、あれは妙観講の語り口そのものですよね。

黒田氏を直接は存じ上げないのでその人物像を推量するしかないのですが、ブログや動画を拝見する限りでは「何者かに相当に利用されているな」という印象を受けますがどうでしょうか。
あのようにご本人の思い込みの強さとねじれたプライドの高さを持つ人は、諜報戦の最前線において最高の「コマ」として使われやすいんです。コマを回している人(組織)は一体誰なのでしょう。創価学会の目線もコマの使い手に向いていると思いますが、しばらくは情報収集・分析が必要がありますね。

それにしても黒田氏らの踊りっぷり。
もうそろそろ賞味期限が近づいてはいませんかね。
利用価値がなくなって糸を切られた後、そのタコはどこへ飛んでいくのやら。

余計な心配事でした…。

コメントする