2009年10月アーカイブ

なにやら瀬戸氏が仰っているようですが、読解力の無さを露呈しているだけですね。とはいえ、こんな弱小ブログを見てくれていることが証明されましたので、(いろんな意味で)敬意を表してあとで反応させていただきます。

で、パクリネタをさも自身がスクープしたかのように使い続ける槇泰智(まきやすとも)氏が街宣再開を予告ですか。

そうですか、そうですか。大いにやってください。

いつぞやの時みたいに、自宅周辺だけでコソコソとポスティングして、自己満に陥っているようなことだけはおやめくださいね。

非常にみっともないですから。

堂々と、ブログで街宣予告をして、街宣命な勇姿をゼヒ見せ付けてください。(自己責任で)

楽しみにしていますヨ。

探偵ファイルに雨具傷害疑惑事件の続報がアップされていました。

もうコメントする気も起こらないぐらい脱力記事ですが...(苦笑)

真相究明からどんどんかけ離れていく方向へ走って行く方々。お疲れさまでした。


BOSSにはせっかく,

> BOSS氏には『傘ネタがどこで湧き出てきたか』、(被害者と主張する)当事者に言質をとると面白い展開になるかもしれませんよ、と僭越ながらアドバイスさせて頂きます。
とアドバイスしたのに。

まぁこんな弱小ブログ見てないだろうしね。

予想通りというか、予想以上というか...。雨具傷害疑惑事件は迷宮入り確定ですね。

当サイトの関連記事もご参考までに。(各種サイトへのリンクもアリマス)

後ほど更新する予定ですが、電波をキャッチしましたので。


槇泰智(まきやすとも)氏・写真著作権侵害裁判前の街宣では、槇氏→西村氏→槇氏というラインナップで、盟友クロダイ氏や瀬戸氏は登壇せず、応援団の中にもいなかった模様。


確かに瀬戸氏は「呼び掛け」に名前は出してもかなりトーンダウンしてましたし、クロダイ氏においては告知さえもしてませんから当然ですか。起死回生の雨具傷害疑惑事件に活路を見出すのに一生懸命といった具合でしょうか(苦笑)


その後の第2回口頭弁論第1回口頭弁論はまたもや15分ほどで終了。
反訴原告(槇氏)側が出した反訴状を、反訴被告(箱崎氏)側が争点にするかの答弁書(?)を11月20日までに提出するよう指示。

次回(第3回口頭弁論第2回口頭弁論)日程は12月11日(金)10:30とのこと。


と、電波をキャッチしている間に、また街宣が始まったとか...。懲りない方々ですねぇ。

[2009/12/11 11:25頃修正]
・第2回口頭弁論→第1回口頭弁論
・第3回口頭弁論→第2回口頭弁論

なんか、盛り上がっていますね。いろいろと。


さて、ちょっと見ない間に自称ジャーナリスト槇泰智(まきやすとも)氏の節操のないブログエントリーが炎上していたのですね。読んでみたら納得です。そりゃ炎上しますよ。


さて、そんな槇泰智(まきやすとも)氏の10/10のエントリーでなにやら『取材の基本』の講釈を垂れているご様子で。以下引用、

>  そして、問題は夕刊フジが支那人と警察だけに話を聞いて記事にしたこと。まあ、「夕刊紙だからこの程度でいいや」という、自虐的な紙面づくりが背景にあるのかもしれないが。
>
>  我々一方の当事者に話を聞いてから記事にするのは取材の基本。が、「誰が当事者かわからなかったから」と、弁明。
>  いまやネット社会。「池袋西口」「街宣」「中華街」「外国人参政権」等々、キーワードで検索すればいくらでも真相にたどり着くことができる。
りゅうさんは高評価(イヤミ?(笑))のようですが、講釈を垂れる前に、取材どころか他人様のネタパクリの疑いを晴らしたらイカガでしょうか?


なお、先日、後藤元都議にお話を伺ったところ、案の定
「『中野行革110番』なんて知らないなぁ。」「(ビラを見て)こんなの配ってたの? これはヒドイね」とのことでした。


やっぱりね


この件は改めてエントリーアップしたいと思います。

色々と書きたいこと(ネタ)が多すぎて追いつきませんがks-labo的にはマイペースにいきます。


既出「雨具傷害疑惑事件に新情報? 探偵ファイルに続報」の続き、

探偵ファイルに『雨具傷害疑惑事件』続報がアップされています。
●更新日 10/09●「創価はカルトなのか  ?傷害事件の真相

っていうか、BOSS氏...、思いっきりスカを引いてませんか? 大丈夫かなぁ...。


前回エントリー

> 暴力を受けたのは事実だった。しかし若干の誇張があったのだろうか。
> 今週、当事者と面会予定だ。

とあったので少し期待していましたが、ガッカリ。

当事者といっても被害者(と主張している)側としか会ってないようですね。(もしくは会えなかったというオチか...。)

すでにりゅうオピニオンさんがいち早く取り上げていますが、当方でも念のため。

槇泰智(まきやすとも)氏が最新エントリーで著作権について自身の解釈を御開陳されています。

> 報道のための転用は著作権の侵害には当たらない。著作権が箱崎にある事は何処にも明記されていない。無断転載を禁ずる掲示もない。高倉の管理が悪い。訴えるならば高倉を訴えろ

報道』ですか...。御自身の職業を『ジャーナリスト』と言って憚らない槇氏らしい屁理屈ですね(苦笑)

槇氏は「高倉の管理が悪い。訴えるならば高倉を訴えろ」と仰っていますが、高倉都議のHPを見るに、ページ最下位箇所に「Copyright(C)」が見受けられます。

既出「桜井誠氏が秋葉原街宣スタート前にかけたビミョーな保険。とオマケ。」でもおまけで書いた探偵ファイルの雨具傷害疑惑事件の真相解明記事ですが、最新エントリーで続報がアップされています。

探偵ファイル●更新日 10/05●「傘で目を突き刺す  ?創価事件の真相1」より引用、

> 事件のあった現場を特定し聞き込みを行いました。
> 事件を知らない人が多い中、やっと目撃者の方に会えましたが、書いてあった内容(傘で目を突かれて病院に担ぎ込まれた)に少し矛盾している点が有りました。
> その目撃者の方は現場のあった通りで○○というお店をしているご主人です。
だ、そうです。
そのお店は本木南町25のお店だと思いますが、一方に寄らない(と思われる)方の証言が初めて出てきましたので、続報に注目しております。

それにしても、タイトルに『創価』を付与し、

> なんだか宗教戦争のような話で怖さを感じました。
といったん〆ているということは、加害者が創価学会員であり組織的な関わりがあるという事の裏が取れたということでしょうか。

BOSS氏が面会予定の『当事者』が被害者であれば得心する表現ではありますが。


いずれにせよ、事件の真相がキチンと解明されるのであれば、有難いことです。


柳原滋雄氏のコラム日記2009/09/30(Wed)エントリーにて、10月1日から150回程度の矢野問題に関する随時連載がスタートすることが告知されていました。

>  ※明日(10月1日)から再度、「矢野絢也」問題を取り上げます。150回程度の随時連載を予定しています。すでに皆様がご存知の内容を繰り返すことも多くなるかもしれませんが、同人のなした「過去の行動」を風化させないための内容ですのでご了承ください。(Y)
矢野氏の言動を見るに、池田名誉会長の証人喚問やどこぞのエセ右翼が騒ぎ立ててるような政教一致や暴力云々という事よりも、国税庁を動かすのが最終目的であるかと思えてきます。

実際、最近の同氏の雑誌掲載手記などを読むと、必ずその角度にウェイトがかけられているような気がします。

柳原氏の随時連載でも、1990-91年国税特別調査のことにも触れるでしょうから、非常に関心を持っています。ks-laboとしても注目しつつ適宜反応していこうと思います。

さて、本日はリチャード・コシミズ氏vs西村修平氏ですか。

りゅうオピニオン氏も仰ってるように「警察沙汰、裁判沙汰」にだけはならないように気をつけて頂きたいと思います。当人たちはいいとしても近隣住人の迷惑はこの上ありません。(3羽の雀氏エントリーも参考