2010年2月アーカイブ

槇泰智(まきやすとも)氏が、2月14日に行った街宣時に撒いていたビラが手に入りましたので、ちょいとご紹介。

表かな?

(見出し)
創価学会・公明党による組織犯罪を許さない!公明党都議の詐欺行為を公表したら逮捕されるのか?

(リード)
平成17年7月に実施された都議選で公明党の高倉良生は公費負担の選挙カーのガソリン代を不正に水増しし請求しました。平成21年7月の都議選を前にした同年6月に中野区の槇泰智は詐欺罪にあたるこの事実を公表。

槇泰智は詐欺罪にあたるこの事実を公表

槇泰智は詐欺罪にあたるこの事実を公表

槇泰智は詐欺罪にあたるこの事実を公表

それ、後藤雄一さんの前で言えますか?(苦笑)

既エントリーもご参照いただければ。
槇泰智氏が配布したビラに書いてあった『中野行革110番』は、後藤雄一都議『行革110番』のパクリ?
槇やすとも氏がしきりにビラ配布し喧伝したガソリン云々のネタは、『行革110番』からのパクリですか?
『取材の基本』の講釈を垂れるわりに、行動が伴わない自称ジャーナリスト

3羽の雀さんがまとめられているWiki「東村山市民新聞」の迷宮まきやすとも・公明都議候補批判街宣裁判(高倉良生vsまきやすとも)も詳しいです。

2月14日の街宣の後日談ではまた改めて書くかもしれませんが、それにしてもそれが本当だとしたら人間として下衆としか言いようがありませんね。

昨日の街宣の内容を触れる前に、忘れないうちに書いておこっと。

といってもメンドイので結論のみ。

黒田氏が代表の日護会が2月3日に信濃町で豆まきをしたのはすでに界隈では周知の事ですが、その動画の中

> 今日、藤井さんから電話があったんですよね?
> 「なんかー、うちの代表のところに、『今日、黒田くん来るのかよ?』とか、そんな電話があったようですね」いやいやいやー
とありましたが、大嘘なようで。
というか、黒田氏自身が発言しないところがミソでしたか...。

まぁ、クロダイ信者は昨年のキモサンタ動画で藤井氏が出てきているので信じてしまうのでしょうが、どう見ても(クロダイ一行とは)偶然の遭遇。

どうしても公明党・創価学会が本腰入れて戦っている相手だと自分を大きく見せたいのでしょうが...。

その言動がイタイなぁ。

今日は体力的にというよりも、精神的に疲れたので一言だけ。

槇泰智(まきやすとも)氏がバレンタインデー街宣の報告をしていますねー。

これで中野区議会公明党議員団も法的対応を少しは検討するされることを期待します☆

いや、ホント敬礼しますよ( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!!

日本を立て直す(らしい)真性日本人(自称「絶滅危惧種」=当サイトでは通称「ヘタレ」)、槇泰智(まきやすとも)氏が中野駅前ならびに中野区公明党区議宅への街宣を予告

そうですか、そうですか。お元気そうでなによりです。
中野区の皆さんは、火傷しないよう十分にお気をつけください。

今回は『汚っい歯』(とヘタレ君が言っていた)人物は現れるのか? 乞うご期待!!

また顔ヒキツラセタ槇さんの動揺ブリが見られるかもしれませんね☆(あっこんなこと言うとギャラリーが増えちゃうな)

それにしても街宣とブログでの主義主張の変節ブリも痛々しいところがありますが、ブログ内でもずいぶんと論点がズレてこられたご様子で、いよいよテンパリ気味な状況は心配ですらあります。

明日はビデオ班がいらっしゃるので強気なのでしょうが、赤の他人様を執拗にビデオカメラで追い掛け回したり、不用意にネットにアップしないほうがよろしいのでは。テンパルのは自業自得ですのでせめて他人様には迷惑をかけないで頂きたいものです。

なお2月11日の迷惑な区議宅前街宣のことも書かれていますが、チラホラと当方に入ってくる情報とは違いがありますので、気が向いたら改めてエントリーアップしたいと思います。

昨年、槇さんがそうされたように区議控え室に行けば普通にお話ができるにもかかわらず、強引に自宅訪問とは聞いて呆れてます(苦笑)

瀬戸さんとりゅうさんのやり取りが面白いなー、と思っていた今日この頃、
本日午後、槇泰智(まきやすとも)氏が中野区公明党区議宅前で街宣をした模様。

ブログでの事前予告ができないところを見ると、よっぽど記録されるのが嫌なようですね。

嫌というか、記録NGなら街宣なんてやらなきゃいいのに(苦笑)

もう落ち着いてられないのでしょうね。うん、わかります。

街宣内容は確認できましたらアップしますが、うーん、どうでしょうねぇ。

区議と話しあいたいのなら昨年顔出したように区議控え室に行けばよろしいのに。

なんなら当方が仲介してあげてもいいですよ(苦笑)

霞ケ関より『「ごめんなさい」と言いたくても素直に言えない』電波をキャッチの続き?

さて...なんと! (予想通り)対創価学会街宣名誉毀損裁判後に地裁前で街宣をした模様。
西村氏20分、槇氏10分ぐらいで終了。槇氏街宣の中で、和解申し込みは黒田氏のみと主張。

自分(槇氏)は、

> 私の弁護士は街頭演説をやるなと言ってきましたが、それには屈しない!
> 中野区議会議員の蛆虫どもを一人一人つぶしてやる!  学会から脱会させるまでやる!
> 邪教集団創価学会ぶっつぶすぞ!
と威勢がよかったとか。

元気そうでなによりです(笑)

さて、肝心のまきやすとも・写真著作権侵害裁判は、これまた20分ほどで終了。

原告側は代理人4名、被告側は槇氏のみ。傍聴席はなんと西村氏と常連20名ほど。
対創価学会街宣名誉毀損裁判よりも注目度が高いということでしょうか(笑)

裁判官から原告側に告訴状の書面提出を3月5日までにするように指示。
次回は、その内容で原告の主張を明確に被告がそれに反論する形でやりましょう。
なんていうやり取りがあった模様。(ん? 反訴はどうなったんだっけ...)

あと、傍聴席のヤジがスゴかったようですねぇー。

次回は2010年3月12日(金)14:30から。

ちなみに対創価学会街宣名誉毀損裁判終了後に某氏に声をかけられたとかなかったとか...(苦笑)

以上、取り急ぎ。

面と向かって「ごめんなさい」と言えない『真性なんとか人』さんが、
口を隠し下を向き一所懸命「ごめんなさい」と言っているような
対創価学会街宣名誉毀損裁判の電波を受信...。(長っ)

予告ができなかったのかしなかったのかは伺い知れませんがやはり街宣はナシ。
とうとう予告も、街宣自体もできなくなってきましたか? 都合悪くなければヤレばよろし。

裁判はというと、ものの5分もかからずに終了。
原告側は代理人3名、被告側は黒田氏・槇氏・代理人1名(遅刻してくるとか言ってたようですが...)。
傍聴席には西村氏と常連10名ほど。

原告側より被告が求めている和解についての書面を提出してほしいと求め、
それに対し、被告側は書面は用意しているが状況を判断して提出すると返答。

和解を求めておいて意味不明なんですが...。(苦笑)

結局、次回、和解するかしないかを決めましょう、ということで終了。
原告側からは和解できるかできないかは書面で判断すると返答。

そりゃそうだ

終了後、傍聴席の被告応援団から「話しが違うゾー」「和やかにいきましょー」とヤジが飛ぶ。

次回(第4回口頭弁論)は2010年3月19日(金)13:30から。


[2010.02.05 18:00頃追記]
りゅうオピニオンで更に詳しく書かれていますね
こちらでもいろいろ受信しているのですが修正加筆する時間がちょいと取れないので、
正確な報告ははりゅう氏にお任せ(笑)

ごめんなさい」は人としての基本。
小さい頃、悪いことしたら(指摘されたら)まずは謝ることを親に躾られます。

まぁ、親の部屋を政治活動のために没収しようとするような親不孝な『真性なんとか人』は別でしょうが。
いや、これは独り言ですので気にしないでください(笑)


さて、槇やすとも氏が写真著作権侵害裁判についてなにやらボヤいているようですが、なんか微妙に以前の主張と変わってきてますね。

2009年12月12日「インターネットリテラシーの低さを自覚できない槇泰智(まきやすとも)氏」より、
槇氏の前日の街宣発言では、

> この写真がそんなに大事だったならば、きちんとHP上においてですよ、この写真は箱崎愼一が撮りましたよ、無断転載を禁じます、いう記述もしくはCopyright等々の記載があってしかるべきなんです。
とありますが、本日のエントリーでは、

いろいろツッコミどころ満載な瀬戸ひろゆき氏ブログ2/3の記事ですが...。メンドイので表題のみ。

あとで更新するかもしれませんが。

さすが自称ジャーナリスト。思い込みで書くなら、小説家を名乗ったらどうかしらん。(笑)

おまけにTB送っておこう。間違いを指摘されて、感謝されるかなぁー。