[ウヨ系(仮称)]の最近のブログ記事

槇泰智(まきやすとも)氏がやけくそな街宣予告を。

いろいろと自身のことを過大評価しているようですが、

つまりは私に街宣活動をやってほしくない、創価学会側の謀略宣伝に過ぎません。
って、まだ理解していなかったのですね。

まぁ、勝手に自爆してください(苦笑)

いろいろと書きたいことがあるけど、今日はもう眠いのでおしまい。

今日も東京の空はイイ天気。
槇泰智氏の裁判の日はいつもイイ天気なんて思っていたら西村氏の時もなんですね。
まぁタマタマなんでしょうが。

さて本日は、西村修平・街宣名誉毀損裁判(千葉英司vs西村修平)

今回は複数のキメ細かい電波を受信したので、えっちゃん風傍聴記に挑戦。
っていうか、こんなのいつもやってるりゅうオピニオンXえっちゃんには脱帽です。ふぅ。

さて、はじまりはじまり。

西村修平は、訴訟代理人とともに2人で登場。開廷より少し早めに来た模様。

どうやらえっちゃん部隊のXさんとエレベーターで同乗したようだが、いつもと違って話しかけてこなかったとか。

逆に、裁判所職員がXさんに話しかける。
「向こうの待合室でお待ちいただけますか? また囲まれてしまうので」

Xさん答える。
「今回は、彼らはネットで予告していないので、来ないと思いますよ。ですから大丈夫です」

イケメン職員も、
「不審者も今日は来ていないようです」

そんなやり取りをしたとか。

そのうちに、おそらく宇留嶋氏・モンジロー氏と思われる人物が傍聴室に入っていった。

予定の5分前頃に、千葉氏が男性職員2人と一緒に入室。ガードマン付きだ...。

予定の2分前頃に裁判官が入ってきた。(勘違い? 時間前に入ってくるってあるのかな?)

控訴状を訂正の上、陳述することを西村側に確認。

7月12日付、控訴理由書の陳述を確認。

8月5日付、準備書面1の陳述を確認。

続いて、被控訴人・千葉英司氏側に、8月5日付、答弁書を陳述することを確認。

そして、きょう(5日)に提出された準備書面を確認しながら、答弁書の削除と反論の準備書面を陳述することを確認した。

西村側代理人は、
「(今日受け取ったばかりなので見てないが)もし反論があったら後で書面を提出します」
と。

裁判長は千葉氏に甲40号?45号までの証拠を提出することを確認。

西村側代理人に裁判長が尋ねる。
「それでは、進行はどうしますか?」

西村側代理人、
「結審していただいて結構です。きょうの準備書面を受けて、反論することがあれば反論の機会だけいただければと思います。後で書面で出します」
と答える。

千葉氏、
「異存はございません」
と答える。

裁判長、
「それでは判決を10月28日14時15分にします」

ここで、千葉氏が発言を求める。
「裁判長、一言、よろしいでしょうか。控訴人が別件事件を含めまして、被控訴人、私ですけれども、それと被控訴人を支持する傍聴者に対して控訴人及びその支持者が取り囲んだり、罵声を浴びせたり、足蹴にしたり、体当たりをしたりしております。これは、アンフェアな行動です。代理人は、こうしたことがないように、きちんと注意をしていただきたい」

西村側代理人、
「私はそういうことがないようにと注意しています」

裁判長、
「もし、そういうことがあれば注意してくださいということですね」

千葉氏、
「アンフェアな行いをしないように指導してください」

西村側代理人、
「誰が指示しいているのか、わかりませんけれども、私が指示をしているわけではありません」

裁判長、苦笑し、
「わかってますよ」

千葉氏、
「当然のことです」

西村側代理人、
「私はそうしたことをしないようにかねがね言ってきました」

裁判長、
「もし、そういうことがあれば十分配慮してくださいということですね」

これで、閉廷。

西村氏と西村側弁護士が法廷にいた支持者3・4人に尋ねる。
「誰が指示した? 誰か足蹴にした事実があるのか?」

支持者は、
「してないです」「まったく、そんな事実はない」
「被害妄想だ」「嘘八百です」
と口々に答える。

西村側代理人、
「そうだよな。そんなことないよな」
と納得した様子。(?)

特に大きな混乱もなく終了。街宣もなし。ちょっと肩透かし。

7月21日に行われるまきやすとも・機関紙名誉毀損裁判・第4回口頭弁論の街宣予告を槇泰智(まきやすとも)氏がブログでアップ

なんでも、

このような国家権力を背景とした、不当な弾圧には躊躇することなく断固として立ち向かっていくものです。
と、威勢はよいのですが、すでにどのような逃げモードに入っているかはりゅうオピニオンでも紹介されております。

まきやすともさんの「グログは個人的日記だから名誉毀損にならない」というのは冗談ではなく、機関紙名誉毀損裁判でも書面提出されている本気の主張です
【槇「政経通信」裁判】本人訴訟なら黒田大輔氏に負けない槇やすとも氏の爆笑書面。伝説の左ストレート

さて、どのように「断固として立ち向かっていく」のか非常に楽しみです。

ついでに、昨年(2009年)7月14日、都議選後に槇泰智氏が中野駅前で行った街宣内容もアップしておきます。

いよいよ「プロクレーマー」としての道をつき進む槇泰智(まきやすとも)氏は、先日から中野区役所に迷惑な訪問をし続けているわけですが、6月25日の区役所前でまんまと追い返された時にひとりの職員をターゲットにし、こんなことを言ってました。(動画0:55あたりから)

こいつは倒れない、ちょっと撮ってみて。
ホラッこうやると。
(職員:お帰りください。)
こういう演技は普通できないんですよ、普通は。うん。
どうやら公安警察官が中野区役所職員に扮して自分(槇氏)を逮捕しようと妄想をふくらませている模様。

なんともイタイ。
さらに、ニタニタと自慢気に講釈が続きます。

まさに、あのー、オウム真理教事件の時に公安警察がオウムに対し、転び公妨というのがありましたね。オウムの信者がビラ撒いてる時にちょっと身体が当たったように見せて、おっ転んで、オウム真理教の信者を公妨でもって、不当逮捕した。同じことをやっている。うん。うん。
これは区の職員じゃないね。これは。うん。うん。
とビデオカメラに向かって自信満々に語っています。


実際、公安警察官であるわけもなく、槇氏自身もその後の区役所訪問で職員として働く姿を確認している。

あの自信満々なコメントはなんだったのだろう。

7月6日の訪問でも自身のことを「活動家でありますから」(動画3:40あたりから)としきりに自身の言動を誇示する割には...。

知ったかぶりって、恥ずかしいなぁ。


ところで、公安警察官に仕立て上げられた職員さんと押し合いをしている時の「ボコッ」っていう音はなんだろね。(動画0:20あたり)

槇泰智氏が、ブログで再度の中野区役所訪問を報告

曰く、

本日は何事もなく自由に入場できた。この差は何なんだ。私の主義主張は何も変わっていないのに。
だとか。そりゃ前回は告知してるからでしょ。

告知しなきゃ、誰もキミの行動なんて警戒しないでしょうに(苦笑)

さて、その最新エントリー前段ではではなにやら焦り気味に「個人的なブログ」ということを強調している模様。

ここは私・政経調査会の槇 泰智が開設する個人的なブログです。(中略)
よって、このグログの内容を捉えて、記述内容が気に食わないからと言って、名誉毀損である、といった訴えは通用しません。
って、何を今さら。

自身の街宣活動やらブログ記述がどれだけ世の中に影響を与えたか(と自意識過剰)なことを主張していたのやら。

もしかして? もしかして!? 訴えられちゃったからなのかな?

この弱腰。

ほんとヘタレですね。

7月2日は珍しく電波状況がよかったため、連続受信しました(笑)
ということで、槇泰智(まきやすとも)氏が7月2日に東京地裁前で行ったイロイロとアレな街宣内容をアップします。


では、この場をお借りしまして。私、中野区在住・槇泰智。本日裁判が、口頭弁論がひとつ終了いたしましたので、この件についての報告、集会ということで、訴えさせて頂きます。先程、裁判所の前でもって縷々自説?として言ってる方もおっしゃてますけれども、今の裁判所においては、公正なる審判というものが行われていない。そのひとつの要因として、次から次にと来る裁判、裁判、裁判。警察官もそれとして裁判官も正当なる判断をしている時間的余裕がないんだと、いうことを仰ってましたけど、正にその通りでありまして、その一つの要因というものが訴訟の濫発、訴権の濫用というものがあります。

今日もカラッカラではありませんがイイ天気(笑)
槇泰智氏の裁判の日はいつもイイ天気なんですね。ナゼでしょう。

ですがそんな天気とはウラハラに、あれだけ騒いでいた界隈の方々は別方面にご執心。槇氏もさぞや寂しかったのではなかろうかという霞が関より電波をキャッチ。

随時つぶやいてますので、改めて書くこともないのですが、念のため記事として残します。

りゅうオピニオンでも速報されてますので、そちらもぜひご覧を。

さて本日10:00からの写真著作権侵害裁判は、10分弱ほどで終了。傍聴者は5名ほど。槇支持者は1名のみかな。

前回、槇側から出されていた尋問申請は認められたが、箱崎代理人から「認められるのであればこちら側から尋問した 方がスムーズに進む」と主張し、審議の結果、箱崎側が原告・被告15分ずつ。次に槇側が尋問をするという事に決まった模様。

次回は2010年9月15日(水)13:30から。
各申請された尋問と最終尋問も含め2時間を予定とのこと。

終了後の街宣では、槇氏と支援者1名。なんだこのもの哀しさは...。
後藤本「憚りながら」や矢野本「黒い手帳」を引き合いに出して創価学会は犯罪集団と主張。犯罪集団が堂々と司法の場にいるとも。

シュプレヒコールに唱和するのも支持者1名のみで虚しすぎだったとか...。

気がついたら5月が1件、6月に至ってはアップしてなかったks-laboですが、ボチボチ再開したいと思います。

さて、金曜日になりますが、中野区野方在住の槇泰智氏が予告通り()中野区へ訪問。
その動画が氏ブログの最新エントリーでアップされました。(

動画のほうは、なにより、中野区民の方には見て頂きたいと思います。
見所は随所で見られる槇氏のニヤッとする表情です。お里が知れますね。

それにしても槇ブログの、

ここに出てくる自称・経営室の職員以下、名前等分かる奴がいたら、情報をお寄せください。
役所が無理なら、職場以外の所で1対1でゆっくりとお話しましょう。

というセリフの下衆さ加減といったらありませんね。

1対1だとお話どころか相手を威嚇することしかできないくせにね。
ねぇ、マッキー。


[2010.06.27 01:15頃追記]
りゅうオピニオンで解説してくれてます。お疲れさまです。

以前も書きましたが、ナゼか、槇泰智(まきやすとも)氏の裁判日はイイ天気が続きます。

本日は裁判2本だて、街宣も2本だて。こんなイイ天気にほんとご苦労様でございます(苦笑)

まずは11:30からまきやすとも・写真著作権侵害裁判(箱崎愼一vsまきやすとも)
傍聴は20名ほど。黒田氏は見当たらず。

まいどまいどですが、5分ほどで終了。
注目の箱崎氏の証人尋問申請は提出された模様。具体的に立証したいことを明確にして,被告が裁判官から尋問してもらいたい事項を明確にするよう指示があったとのこと。提出期限は6月4日。
次回(第7回口頭弁論)は2010年7月2日(金)10:00から。

終了後の地裁前街宣は、先客がいて12:20からスタート。弁士は西村氏、槇氏。

続いて13:30からの対創価学会街宣名誉毀損裁判(創価学会vsまきやすとも・黒田大輔)
傍聴25名ほど。西村氏、槇氏以外で有名どころは紫藤氏あたり。

注目の後藤元組長証人申請は、瞬殺だったとのこと。
きっとライパチさんが詳しく報じてくれると思いますので、譲ります!(笑)

と、りゅうさんが詳細をレポートしてくれてるようなので、ここらで終了。
※次回、判決言い渡しは2010年7月30日(金)13:30から。

最近、つぶやいて満足していしまってました。ごめんなさい。
アカウントは適当に探してください。すぐ見つかると思うけど。


ボチボチ、ブログも再開していきたいと思います。


さて、本日夜、各所にて告知されているように、中野区に愛僕無罪戦士が集合のようです。


とはいえ、その鉄砲玉、我らが槇泰智(まきやすとも)氏は中野4丁目にお泊りしてらっしゃる、
その槇氏に連帯するゾーという方々が集まってくるご様子です。

最近、槇泰智(まきやすとも)氏の裁判日はイイ天気が続きます。
日頃の行いがいいからでしょうか? まぁ、冗談です。

さて本日の対創価学会街宣名誉毀損裁判(創価学会vsまきやすとも・黒田大輔)も、いつものことながら5分ほどで終了。

書面確認で終わった御様子。
黒田氏は追加書類があると言いつつそれを忘れたとか。次回にはちゃんと持ってきてくださいね。

槇氏は当然ながら出席できず。代理人2名、黒田氏の3名。
傍聴は20名ほどで、大半が支持者だった模様。

今回は先日のような騒動もなかったとかで、なによりです。平和が一番ですね。
まぁこの後の中野区役所前で何が起こるのかは知りませんが。

次回(第5回口頭弁論)は2010年5月21日(金)13:30から。
まきやすとも・写真著作権侵害裁判と同じ日ですね。
裁判を時短テクニックで切り抜けるってヤツでしょうか?(苦笑)

今日も東京はイイ天気ですねぇー。
こんな日はみんな晴海埠頭に汐風でもあたりに行くんじゃないですか?(笑)

さてそんな中でも、当ks-labo愛読者の槇泰智(まきやすとも)氏は、予告どおり霞が関で街宣をした様子。
街宣参加者は5ー7名。有名どころはみな晴海埠頭だったのかな?
と思いきや、クロダイくん街宣後半に駆け付けか。もったいぶって!(笑)

内容的には代わり映えない話ばかり。
あ、強いて言えば、創価学会幹部の子供の悪口を言っていたとかいないとか。
なんでも、貸したゲームのディスクが傷だらけになって返ってきたとかで。
うん、それはよくないよね。借りたものはちゃんと返しましょう(苦笑)

さて肝心の写真著作権侵害裁判と言えば...。
箱崎氏が槇泰智氏を刑事告訴申し立てした事実の証明書類を提出で終わった模様。約10分ほど。

今回も傍聴人が騒がしく、「カルト臭い」や「創価学会の臭いがする」などの挑発があったとか。

また、終了後、槇支持者が傍聴人に対し「学会員にインタビューしたい」とつめより、
「ニセ本尊についてどう思っているのか?」などと詰問したとかしなかったとか。
マッキーもマッキーなら、支持者も支持者。サイテーですねぇ。

ちなみにその詰問相手がks-laboもしくは関係者であったかどうかは内緒です(笑)

次回(第6回口頭弁論)は2010年5月21日(金)11:30から。

かなーり時間差ですが中野区役所からの電波をキャッチ。

槇泰智(まきやすとも)氏が予告どおり中野区役所前で街宣、区議室に突入したとのこと。

12:00前、なにやらゴタゴタしていた模様。詳細は情報収集中。

12:00頃、予定どおりスタート。槇氏と瀬戸氏とあと誰か数人。
日蓮正宗がどうの、創価学会の本尊がニセモノだとか宗教小話があったとか。

その後、区役所へ突入。あわせて大勢の私服警官も移動。
その後は槇氏のブログでも報告されている通り。

ちなみに、

> だって、こちらは面会したいとも何とも伝えていないのに、既に庶務課長には「会いたくない」って伝えているってなんなの。
いや、さんざん街宣の中で『これから突入する』と言ったらしいから面会もなにも...(苦笑)

その後、「先生」と呼んでほしくても呼んでもらえない真性日本人さん一行は傍聴へと...。
しかしその悪態ですぐに退場させられ、外に出てきて街宣を再開したとさ。

槇泰智(まきやすとも)氏の迷惑な中野区年末街宣を少しずつ公開(1)
槇泰智(まきやすとも)氏の迷惑な中野区年末街宣を少しずつ公開(2)
槇泰智(まきやすとも)氏の迷惑な中野区年末街宣を少しずつ公開(3)
槇泰智(まきやすとも)氏の迷惑な中野区年末街宣を少しずつ公開(4)
の続き。

だいぶ間が開いてしまいましたが、今回は街宣後の槇氏に男性が話しかけた時のやり取りです。
解説は後でやるかもしれませんが。

ここから--->>

男:後藤さんの事、知らない?
M:後藤さん知ってますよ。
男:で、後藤さんのネタをパクったんだよね? 違う?
M:違いますよ。あんた誰?
男:後藤さんに問い合わせしたでしょ?
M:あー話はしてますよ。
男:後藤さんに資料もらったでしょ?
M:それは・・・。
男:後藤さんが一生懸命やってた事をパクったんでしょ?

槇泰智(まきやすとも)氏が、2月14日に行った街宣時に撒いていたビラが手に入りましたので、ちょいとご紹介。

表かな?

(見出し)
創価学会・公明党による組織犯罪を許さない!公明党都議の詐欺行為を公表したら逮捕されるのか?

(リード)
平成17年7月に実施された都議選で公明党の高倉良生は公費負担の選挙カーのガソリン代を不正に水増しし請求しました。平成21年7月の都議選を前にした同年6月に中野区の槇泰智は詐欺罪にあたるこの事実を公表。

槇泰智は詐欺罪にあたるこの事実を公表

槇泰智は詐欺罪にあたるこの事実を公表

槇泰智は詐欺罪にあたるこの事実を公表

それ、後藤雄一さんの前で言えますか?(苦笑)

既エントリーもご参照いただければ。
槇泰智氏が配布したビラに書いてあった『中野行革110番』は、後藤雄一都議『行革110番』のパクリ?
槇やすとも氏がしきりにビラ配布し喧伝したガソリン云々のネタは、『行革110番』からのパクリですか?
『取材の基本』の講釈を垂れるわりに、行動が伴わない自称ジャーナリスト

3羽の雀さんがまとめられているWiki「東村山市民新聞」の迷宮まきやすとも・公明都議候補批判街宣裁判(高倉良生vsまきやすとも)も詳しいです。

2月14日の街宣の後日談ではまた改めて書くかもしれませんが、それにしてもそれが本当だとしたら人間として下衆としか言いようがありませんね。

昨日の街宣の内容を触れる前に、忘れないうちに書いておこっと。

といってもメンドイので結論のみ。

黒田氏が代表の日護会が2月3日に信濃町で豆まきをしたのはすでに界隈では周知の事ですが、その動画の中

> 今日、藤井さんから電話があったんですよね?
> 「なんかー、うちの代表のところに、『今日、黒田くん来るのかよ?』とか、そんな電話があったようですね」いやいやいやー
とありましたが、大嘘なようで。
というか、黒田氏自身が発言しないところがミソでしたか...。

まぁ、クロダイ信者は昨年のキモサンタ動画で藤井氏が出てきているので信じてしまうのでしょうが、どう見ても(クロダイ一行とは)偶然の遭遇。

どうしても公明党・創価学会が本腰入れて戦っている相手だと自分を大きく見せたいのでしょうが...。

その言動がイタイなぁ。

今日は体力的にというよりも、精神的に疲れたので一言だけ。

槇泰智(まきやすとも)氏がバレンタインデー街宣の報告をしていますねー。

これで中野区議会公明党議員団も法的対応を少しは検討するされることを期待します☆

いや、ホント敬礼しますよ( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!!

日本を立て直す(らしい)真性日本人(自称「絶滅危惧種」=当サイトでは通称「ヘタレ」)、槇泰智(まきやすとも)氏が中野駅前ならびに中野区公明党区議宅への街宣を予告

そうですか、そうですか。お元気そうでなによりです。
中野区の皆さんは、火傷しないよう十分にお気をつけください。

今回は『汚っい歯』(とヘタレ君が言っていた)人物は現れるのか? 乞うご期待!!

また顔ヒキツラセタ槇さんの動揺ブリが見られるかもしれませんね☆(あっこんなこと言うとギャラリーが増えちゃうな)

それにしても街宣とブログでの主義主張の変節ブリも痛々しいところがありますが、ブログ内でもずいぶんと論点がズレてこられたご様子で、いよいよテンパリ気味な状況は心配ですらあります。

明日はビデオ班がいらっしゃるので強気なのでしょうが、赤の他人様を執拗にビデオカメラで追い掛け回したり、不用意にネットにアップしないほうがよろしいのでは。テンパルのは自業自得ですのでせめて他人様には迷惑をかけないで頂きたいものです。

なお2月11日の迷惑な区議宅前街宣のことも書かれていますが、チラホラと当方に入ってくる情報とは違いがありますので、気が向いたら改めてエントリーアップしたいと思います。

昨年、槇さんがそうされたように区議控え室に行けば普通にお話ができるにもかかわらず、強引に自宅訪問とは聞いて呆れてます(苦笑)

瀬戸さんとりゅうさんのやり取りが面白いなー、と思っていた今日この頃、
本日午後、槇泰智(まきやすとも)氏が中野区公明党区議宅前で街宣をした模様。

ブログでの事前予告ができないところを見ると、よっぽど記録されるのが嫌なようですね。

嫌というか、記録NGなら街宣なんてやらなきゃいいのに(苦笑)

もう落ち着いてられないのでしょうね。うん、わかります。

街宣内容は確認できましたらアップしますが、うーん、どうでしょうねぇ。

区議と話しあいたいのなら昨年顔出したように区議控え室に行けばよろしいのに。

なんなら当方が仲介してあげてもいいですよ(苦笑)

霞ケ関より『「ごめんなさい」と言いたくても素直に言えない』電波をキャッチの続き?

さて...なんと! (予想通り)対創価学会街宣名誉毀損裁判後に地裁前で街宣をした模様。
西村氏20分、槇氏10分ぐらいで終了。槇氏街宣の中で、和解申し込みは黒田氏のみと主張。

自分(槇氏)は、

> 私の弁護士は街頭演説をやるなと言ってきましたが、それには屈しない!
> 中野区議会議員の蛆虫どもを一人一人つぶしてやる!  学会から脱会させるまでやる!
> 邪教集団創価学会ぶっつぶすぞ!
と威勢がよかったとか。

元気そうでなによりです(笑)

さて、肝心のまきやすとも・写真著作権侵害裁判は、これまた20分ほどで終了。

原告側は代理人4名、被告側は槇氏のみ。傍聴席はなんと西村氏と常連20名ほど。
対創価学会街宣名誉毀損裁判よりも注目度が高いということでしょうか(笑)

裁判官から原告側に告訴状の書面提出を3月5日までにするように指示。
次回は、その内容で原告の主張を明確に被告がそれに反論する形でやりましょう。
なんていうやり取りがあった模様。(ん? 反訴はどうなったんだっけ...)

あと、傍聴席のヤジがスゴかったようですねぇー。

次回は2010年3月12日(金)14:30から。

ちなみに対創価学会街宣名誉毀損裁判終了後に某氏に声をかけられたとかなかったとか...(苦笑)

以上、取り急ぎ。

面と向かって「ごめんなさい」と言えない『真性なんとか人』さんが、
口を隠し下を向き一所懸命「ごめんなさい」と言っているような
対創価学会街宣名誉毀損裁判の電波を受信...。(長っ)

予告ができなかったのかしなかったのかは伺い知れませんがやはり街宣はナシ。
とうとう予告も、街宣自体もできなくなってきましたか? 都合悪くなければヤレばよろし。

裁判はというと、ものの5分もかからずに終了。
原告側は代理人3名、被告側は黒田氏・槇氏・代理人1名(遅刻してくるとか言ってたようですが...)。
傍聴席には西村氏と常連10名ほど。

原告側より被告が求めている和解についての書面を提出してほしいと求め、
それに対し、被告側は書面は用意しているが状況を判断して提出すると返答。

和解を求めておいて意味不明なんですが...。(苦笑)

結局、次回、和解するかしないかを決めましょう、ということで終了。
原告側からは和解できるかできないかは書面で判断すると返答。

そりゃそうだ

終了後、傍聴席の被告応援団から「話しが違うゾー」「和やかにいきましょー」とヤジが飛ぶ。

次回(第4回口頭弁論)は2010年3月19日(金)13:30から。


[2010.02.05 18:00頃追記]
りゅうオピニオンで更に詳しく書かれていますね
こちらでもいろいろ受信しているのですが修正加筆する時間がちょいと取れないので、
正確な報告ははりゅう氏にお任せ(笑)

ごめんなさい」は人としての基本。
小さい頃、悪いことしたら(指摘されたら)まずは謝ることを親に躾られます。

まぁ、親の部屋を政治活動のために没収しようとするような親不孝な『真性なんとか人』は別でしょうが。
いや、これは独り言ですので気にしないでください(笑)


さて、槇やすとも氏が写真著作権侵害裁判についてなにやらボヤいているようですが、なんか微妙に以前の主張と変わってきてますね。

2009年12月12日「インターネットリテラシーの低さを自覚できない槇泰智(まきやすとも)氏」より、
槇氏の前日の街宣発言では、

> この写真がそんなに大事だったならば、きちんとHP上においてですよ、この写真は箱崎愼一が撮りましたよ、無断転載を禁じます、いう記述もしくはCopyright等々の記載があってしかるべきなんです。
とありますが、本日のエントリーでは、

いろいろツッコミどころ満載な瀬戸ひろゆき氏ブログ2/3の記事ですが...。メンドイので表題のみ。

あとで更新するかもしれませんが。

さすが自称ジャーナリスト。思い込みで書くなら、小説家を名乗ったらどうかしらん。(笑)

おまけにTB送っておこう。間違いを指摘されて、感謝されるかなぁー。

槇泰智(まきやすとも)氏の迷惑な中野区年末街宣を少しずつ公開(1)
槇泰智(まきやすとも)氏の迷惑な中野区年末街宣を少しずつ公開(2)
槇泰智(まきやすとも)氏の迷惑な中野区年末街宣を少しずつ公開(3)
の続き。

いよいよ街宣の終盤です。もうここまで来たらなんでもありだねー!!


ここから--->>

これは東京高裁と最高裁の判決でもって、創価学会側が負けているんですよ。創価学会側が、組織の指示でもって無理やり、公明党の元委員長矢野絢也の許から手帳を強奪したんだ。これを返しなさいと。最高裁で判決出てんじゃないですか。これは。

創価学会が組織的に犯罪やってますと。言われてるんですよ。あなたどういう風にお答えするんですか? あなた創価学会の幹部でしょ? 公明党区議会議員として、区民の委託を受けて年間一千数百万円の報酬を受けている立場です。どうぞこのコーポ鷺宮の20●号室! ●●●●(※公明党中野区議名)さん! きちんと釈明してください! この事実どうなんですか? 言論に対して言論で発言できないんですか? 創価学会のやり方っていうのはそうなんですよ。言論に対しては暴力なんですよ。

アッパレな東京の空、立川と霞ケ関方面から電波をキャッチ。

立川では(つっこみどころ満載の予告どおり街宣を実行した模様。霞ケ関は今日は平穏だったようで、なによりです。

立川での街宣は、瀬戸氏と槇氏のみ。西村氏はいなかったようで。12:00から30分ほどで終了。
瀬戸は宗教法人(っていうか創価学会)への課税がなんたら、槇氏は東村山は他殺だとか自分たちの活動は正しいとかなんたら。

中身の無い、もしくはすでに出尽くしたネタばかりだったようで。
街宣でもやってないと安心してられないんだろうなぁ...。という受信電波の感想(笑)

さて肝心の裁判はこれから...。


[2010.01.27 13:15頃追記]
と、その前に。街宣終了後に一人の男性がクレームを入れ、瀬戸・槇氏らとモメ、公安とおぼしき人物に引き離された模様。ダメー。こんなヘタレたちの思惑に乗せられちゃー。


[2010.01.27 14:00頃追記]
クロダイ・第1次落書き名誉毀損裁判控訴審@東京高裁の控訴審判決言い渡しで、
1 控訴人(黒田氏)は被控訴人(宇留嶋氏)へ10万支払え(のような内容)
2 訴訟費用は、一二審通じて二十分し、一を控訴人(黒田氏)負担。それ以外をは被控訴人(宇留嶋氏)が負担(のような内容)
だったようですね。詳細は各ブログさんが報告してくれるかと思いますので...と書いていたらすでにりゅうオピニオンで更新されてますね。サッスガー!

まきやすとも・機関紙名誉毀損裁判@東京地裁立川支部の第2回口頭弁論は、
槇氏が冒頭「朝木事件が自殺だったか違うかを実証すればいいのか?」と質問をしたとか...。
槇氏側の争点が曖昧のため整理するように指示があった模様。ブログや機関紙の千葉さんへの表現が真実性・社会的相当性が認められれば、名誉毀損にならないということですかね。
次回、第3回口頭弁論は2010年4月14日(水)13:30から。

主権回復を目指す会 掲示板にて予告

> 西村修平、槇泰智が合同で対創価学会裁判
> 誰も否定できない朝木明代東村山女性市議は殺害だった>
> 創価学会の訴訟乱発は国民への言論テロだ!
>
> 日時:平成22年1日27日(水) 12:00街宣(立川駅北口)
> 口頭弁論開始13:20(槇 泰智) 同じく13:30(西村修平)
> 場所:東京地裁立川支部

いろんな意味で槇くんも大変だね(苦笑)


[2010.01.26 19:35頃追記]
(自称)真性日本人・槇やすとも氏(自称)ジャーナリスト・せと弘幸氏も街宣予告。
それにしても、

> 巨大なカルト集団又は何者かによって殺害された朝木明代東村山・女性市議
とは随分と表現が後退してるような気がしますが、気のせいでしょうか?(苦笑)
追記ついでにTB送信できるようになったかのテストも兼ねる。ふたりともチキンもいいところなのでたぶんダメだろうけど。


[2010.01.26 19:45頃さらに追記]
そういえば雨具傷害疑惑事件について。やっぱり迷宮入りしているようですね。そりゃ、無いものをさもあるかのようにデッチあ...(以下略)

槇泰智(まきやすとも)氏の迷惑な中野区年末街宣を少しずつ公開(1)
槇泰智(まきやすとも)氏の迷惑な中野区年末街宣を少しずつ公開(2)
の続き。

街宣の中盤です。だんだんボルテージが上がってきましたね!
明日の街宣予告はないようですが、まさか、まさかねぇー。りゅうさんが推理しているような理由で「やらない」なんて事ないですよね、真性日本人ともあろう方が。

ここから--->>

こういった言論妨害、コレが創価学会のやりかたじゃないですか。●●●●(※公明党中野区議名)さん。どうなんですか? ●●●●(※公明党中野区議名)さん、あなたがやっていることは犯罪ですよ。確実に。あなたは軽い気持ちで、あなたの友達の高倉良生都議会議員の犯罪を隠蔽しようとして、私まきやすともに対し公職選挙法違反、虚偽事項申告罪で警視庁に告訴しましたけれども、あなたこれは犯罪じゃないですか? 私が犯罪行為を行いましたか?

おかしな、おかしなことやっちゃ困りますよ。あなた。あなたは軽い気持ちでやったんでしょうけれども、この虚偽申告罪、昔でいうところの誣告罪と言いましたけれども、最高刑懲役10年になり、あなた犯罪やってんですよ。
高倉良生の行った、選挙カーのガソリン代、不正請求という事実を私が公表したがために、あなた高倉良生君の選挙が危うくなってしまった。ゆえに、私の言論活動を封殺する目的でもって、私を警視庁に嘘の罪をおっかぶせて、告発したわけですね。わたくし槇やすともが、高倉良生の選挙を妨害するために、嘘っぱちを並べたって言います。これは虚偽事項申告罪であると。最高刑に処せんといえとも言ったわけです。

槇泰智(まきやすとも)氏の迷惑な中野区年末街宣を少しずつ公開(1)
の続き。

今回は、その街宣の内容をかいつまんで紹介。

以下、槇氏が昨年12月29日に行った中野区内での迷惑な街宣の前半の一部。

ここから--->>

矢野絢也元公明党委員長から自称謀略家の創価学会による保守的な犯行である、ということを言っております。これはご近所の皆様に対してはちょっとうるさいな、と思われるかも知れませんがほんの二、三十分どうぞ御寛容いただきたいとございます。

また、間があいてしまいましたが...。

槇氏が昨年12月29日に行った中野区内での迷惑な街宣の内容がわかってきましたので、ぼちぼちエントリーとして残しておきます。りゅうさんの期待にお応えできているかはわかりませんが。

槇氏ブログには、

> 何故、答えない。2階のベランダに向かい、拡声器で問い
>  糾すが、本人は出てこない。
>  いや、マンションの表、私の立つ宣伝カーからほんの30メートル
>  と、離れていない交差点の角まで出てきているではないか。
>  これほどまでに呼び掛けているのに何故、目の前に来て
>  説明しないのか。
どうも現場を目撃した方との証言が違いますね。
街宣をかけられている区議自身が街宣前(もしくは開始直後)に槇氏に話しかけませんでしたか?

区議「街宣などせずに話しあいませんか?」
槇氏「話し合いなど必要ない(キリッ)」

なんていうやり取りがあったようですね。拒否したのはどっちやら。

ちょいと長めの冬休みを頂いていましたら、あら不思議。
ks-laboはヘタレ槇泰智(まきやすとも)氏と出会っていたらしい(笑)

槇氏ブログ2009.12.30のエントリーにて、

> まあ、時間の経過と共に情報を聞きつけて蛆虫の如く、創価が
>  集まってきたよ。
>  この、派遣村にでも集まっていそうな、見事なまでに香ばしい
>  風体の輩が、あのKSラボって奴かね。
>  汚っい歯していたのだけが、印象に残ったよ。
あら、そうなんですか? 歯医者いかなきゃ(笑)

なんともアタマのイタイというか、なんというか。


年の瀬も押し詰まったこんな時に、小物っぷりを晒し続ける槇泰智(まきやすとも)ブログ。
最新のエントリーで、

> 私はいつ警察が来て逮捕されるのか。留置場の中で正月を
> 迎える事になるのかと、恐怖の日々を送っています。

なんて言ってますが、『恐怖』を感じた人間があんなにイキイキと街宣やりますかね(笑)

26日にも中野区上高田地域で迷惑な街宣があったようです。

今回は槇泰智(まきやすとも)氏が事前に予告をしていた、という情報がありましたので、
槇氏ブログを確認すると確かに予告しているわけですが...。コメント欄かい!

普段、他人様のコメント欄はあまり読まないので見落としてましたね。
っていうか、槇さんも瀬戸さんもデムパなコメントしか寄ってこない(削除されない)ので
コメント欄を見る気もしないんですけどね。

それにしても当日「10:31 AM」のコメントで予告。街宣予定は15時から。なんだろう...この小物っぷり。

まさか、まさかね。当方エントリーに過剰反応したわけではないでしょうが...(苦笑)

25日も槇氏であることが確認はできていますが、恥ずかしいことをやっている
自覚はない』のでしょうから、もう少し堂々とやってもらいたいものです♪

なお、槇氏が創価学会員から暴力を振るわれたという情報もあるようですが、
確認中のためよくわかりません。槇さん自身、あまり人のこと言えない気がしますが

25日夕刻、中野区上高田地域で迷惑な街宣があったようで。

まさかまさか、ねぇ。

ブログでは威勢はいいが、リアルではコソコソと見つからないように...。

まさか、真性日本人に限って、そんなお里の知れるようなことはしないよ、ねぇ。

昨日のまきやすとも・写真著作権侵害裁判報告と、その前の事前街宣動画がさっそくアップされたようで、なんの恥ずかしげもなくできる槇氏にはある意味尊敬です(苦笑)


さて、動画の中でも以下のような主張(屁理屈)がなされているようですね。(1/2 4:17あたりから

> この写真がそんなに大事だったならば、きちんとHP上においてですよ、この写真は箱崎愼一が撮りましたよ、無断転載を禁じます、いう記述もしくはCopyright等々の記載があってしかるべきなんです。これを行っていない、だからもし、写真撮影者の自称写真家箱崎愼一が訴えれるんだとすれば、私ではない、(編集?) 本来であれば箱崎愼一が訴えるのは私ではない! このホームページを管理していた高倉良生に訴えるんじゃないですか。ホームページの管理が杜撰だ。なぜ無断転載を禁じると、いうことを書いてないんだ、高倉良生あんたを著作権法違反で訴えるぞ、訴える先が違うじゃないか。ということを、私は前回、第一回の準備書面で書いたんです。書いたらば、さすがに向こうもこれはマズイと、創価学会側も思ったのでしょう。今、最近の高倉良生のホームページを見ると、その下のほうに、今までは無かった「All rights reserved.」という記述がなされたのです。まさに欺瞞的。今まではまったく、著作権を論じる記述がなかったのに、私にこういった記述がないのがおかしいと、言われたもんだから慌てて「All rights reserved.」、著作権を明確に言うような記述をした。

そうですか、そうですか。


私の記憶とは少々違いますので、ローカルにキャッシュが残っているか確認したところ、ありました。


takakura_hp_Copyright.JPG


あれ? Copyrightの記述が? ちなみにキャッシュの日付は2009年5月6日。


(あとでたぶん追記)

雨の中、東京地裁方面から電波をキャッチ。

まきやすとも・写真著作権侵害裁判の前の街宣は、槇氏と瀬戸氏。
雨のせいか精気がないような...気のせいか!(苦笑)

その後の、第2回口頭弁論自体は10分かからず終了。
傍聴席に、瀬戸氏も西村氏も黒田氏も見当たらず。
そういえば槇側は代理人がいなかったようですね。

次回(第3回口頭弁論)は2010年2月5日(金)16:00から。

以上、取り急ぎ。

ふぅー。

どうも時間がとれずに放置していましたが、ボチボチ再開したいと思います。


さて、明日はまきやすとも・写真著作権侵害裁判の第2回口頭弁論ですね。
懲りずに迷惑な街宣もされるとか。ご苦労なこったです。まぁ、生き恥晒して頑張ってください!


ところで、槇氏も瀬戸氏もいまだこんな恥ずかしい主張をしているのですね。
以下、瀬戸ブログより引用、

> ◆この槇泰智氏が都議会議員選挙を前に展開した「中野区民は皆知っている。公明党(創価学会)のガソリン代不正請求という犯罪を」の戦いが、如何に巨大な成果を上げたかである。下は地方議員に始まって上は国会議員に至るまで、槇泰智氏の「爪のアカを煎じて飲め」と言いたい。


違います(笑) 後藤元都議の戦いの成果です。

槇さん、あなたは匿名で後藤氏に連絡し、資料をもらっただけじゃないですか?


もうだいぶ経ってしまいましたが、後藤氏に話を伺った件をアップしてませんでしたね。

そのうちアップします。それにしても...、あぁ恥ずかしい(笑)

弱小グログ(笑)なりに弱小電波をキャッチしましたので、速報。
※電波発信元をバカにしているわけではございませんので...、ごめんなさいね(^^;;

槇泰智(まきやすとも)氏&クロダイ氏・対創価学会街宣名誉毀損裁判の第2回口頭弁論は、
前回を上回るスピードで10:05頃終了したとのこと。

内容は、裁判官より、被告側に代理人をつけるのかの確認と次回日程調整だけだったご様子。
槇氏→ 申請中
クロダイ氏→ 付ける気はない
という返答のようですね。槇氏はカンパ呼びかけの恩恵ですか。

なんだかバタバタしていて、あまりチェックできていないのですが...。


槇泰智(まきやすとも)氏はブログで妄想全開なようですね。以下引用。

> 創価の連中ってのは こんな私個人のブログを24時間付きっ切りで監視しているなんて、ストーカーそのものだね。
VIP対応してほしいのはわかるが...、槇くんごめん。


創価学会さんたちはそこまでヒマじゃないですね。


もちろんks-laboもそんなにヒマというわけでもない。

久しぶりにブログを覗いてみたら、相変わらずですね。槇氏。

2009.11.04エントリー「防火・防災活動は地域の要」[WEB魚拓]より引用、

> 高倉良生も来ていなかった。来ていれば
> 「よぅ、犯罪者。頑張れよ」って、激励の一つもしてあげたんだけど。
へぇ、そうなんですか。誰が有罪判決をされたのですか?

くだらないコスプレやってないで、早く中野区内での街宣やりなよ。自己責任で(笑)

そういえば先日、所用で学祭中の東洋大学に行きましたが、槇氏はなんとここの法学部卒なんですね。アレで。

ビックリです(苦笑)

IMG_2022.jpg

なにやら瀬戸氏が仰っているようですが、読解力の無さを露呈しているだけですね。とはいえ、こんな弱小ブログを見てくれていることが証明されましたので、(いろんな意味で)敬意を表してあとで反応させていただきます。

で、パクリネタをさも自身がスクープしたかのように使い続ける槇泰智(まきやすとも)氏が街宣再開を予告ですか。

そうですか、そうですか。大いにやってください。

いつぞやの時みたいに、自宅周辺だけでコソコソとポスティングして、自己満に陥っているようなことだけはおやめくださいね。

非常にみっともないですから。

堂々と、ブログで街宣予告をして、街宣命な勇姿をゼヒ見せ付けてください。(自己責任で)

楽しみにしていますヨ。

後ほど更新する予定ですが、電波をキャッチしましたので。


槇泰智(まきやすとも)氏・写真著作権侵害裁判前の街宣では、槇氏→西村氏→槇氏というラインナップで、盟友クロダイ氏や瀬戸氏は登壇せず、応援団の中にもいなかった模様。


確かに瀬戸氏は「呼び掛け」に名前は出してもかなりトーンダウンしてましたし、クロダイ氏においては告知さえもしてませんから当然ですか。起死回生の雨具傷害疑惑事件に活路を見出すのに一生懸命といった具合でしょうか(苦笑)


その後の第2回口頭弁論第1回口頭弁論はまたもや15分ほどで終了。
反訴原告(槇氏)側が出した反訴状を、反訴被告(箱崎氏)側が争点にするかの答弁書(?)を11月20日までに提出するよう指示。

次回(第3回口頭弁論第2回口頭弁論)日程は12月11日(金)10:30とのこと。


と、電波をキャッチしている間に、また街宣が始まったとか...。懲りない方々ですねぇ。

[2009/12/11 11:25頃修正]
・第2回口頭弁論→第1回口頭弁論
・第3回口頭弁論→第2回口頭弁論

なんか、盛り上がっていますね。いろいろと。


さて、ちょっと見ない間に自称ジャーナリスト槇泰智(まきやすとも)氏の節操のないブログエントリーが炎上していたのですね。読んでみたら納得です。そりゃ炎上しますよ。


さて、そんな槇泰智(まきやすとも)氏の10/10のエントリーでなにやら『取材の基本』の講釈を垂れているご様子で。以下引用、

>  そして、問題は夕刊フジが支那人と警察だけに話を聞いて記事にしたこと。まあ、「夕刊紙だからこの程度でいいや」という、自虐的な紙面づくりが背景にあるのかもしれないが。
>
>  我々一方の当事者に話を聞いてから記事にするのは取材の基本。が、「誰が当事者かわからなかったから」と、弁明。
>  いまやネット社会。「池袋西口」「街宣」「中華街」「外国人参政権」等々、キーワードで検索すればいくらでも真相にたどり着くことができる。
りゅうさんは高評価(イヤミ?(笑))のようですが、講釈を垂れる前に、取材どころか他人様のネタパクリの疑いを晴らしたらイカガでしょうか?


なお、先日、後藤元都議にお話を伺ったところ、案の定
「『中野行革110番』なんて知らないなぁ。」「(ビラを見て)こんなの配ってたの? これはヒドイね」とのことでした。


やっぱりね


この件は改めてエントリーアップしたいと思います。

すでにりゅうオピニオンさんがいち早く取り上げていますが、当方でも念のため。

槇泰智(まきやすとも)氏が最新エントリーで著作権について自身の解釈を御開陳されています。

> 報道のための転用は著作権の侵害には当たらない。著作権が箱崎にある事は何処にも明記されていない。無断転載を禁ずる掲示もない。高倉の管理が悪い。訴えるならば高倉を訴えろ

報道』ですか...。御自身の職業を『ジャーナリスト』と言って憚らない槇氏らしい屁理屈ですね(苦笑)

槇氏は「高倉の管理が悪い。訴えるならば高倉を訴えろ」と仰っていますが、高倉都議のHPを見るに、ページ最下位箇所に「Copyright(C)」が見受けられます。

ks-labo的には参政権の問題とともに、吉田康一郎都議が参戦しているかが気になっていた、秋葉原・外国人参政権反対デモですが、(大方の予想通り?)とうとう集団暴行事件が発生したとか。

3羽の雀氏の2009-09-28エントリー
矢野・朝木両「市議」が東村山市に呼び込んだ連中の暴力的自警団体質 ※動画追加
で詳しいのでそちらを参考されるといいと思います。(りゅうオピニオンさんのほうでもその後の展開を書かれていますね。お疲れさまです。)


この集団暴行事件について参加者としては、

> (と言ふのも、桜井さんの厳命で、舐められたら徹底的に交戦してボコボコにせよと激励されてましたのでもちろん詰め寄ることに)。
という姿勢だったことがmixi日記でアップされていてわかっています。

最近この手のエントリーが多いが...。

本日の第2次落書き名誉毀損裁判の前後に、立川駅前にて街宣がされるか個人的に注目していましたが、かの方面からの微弱電波によると実施されなかった模様
[2009.10.01 9:30頃訂正]
新・極右評論2009年10月01日エントリーで立川駅前街宣の報告がされていました。アレ? おかしいなぁ...。微弱だけに...と言い訳を...、いえ、大変に失礼いたしました。
m(_ _)m

幻の八王子駅前街宣も当然なかったとか...。それとも昨日の一件で自粛ムードなのでしょうか。

裁判の様子は凪論の2009年09月28日エントリー「第二次落書き名誉毀損裁判傍聴記」で報告されています。

以上、取り急ぎ。

瀬戸弘幸さんは思いのほか元気そうで5分以上お話しされたとか。手打ちがうまくいったのですね。何よりです。あっ独り言です。

槇泰智(まきやすとも)氏はシュプレヒコールのスペシャリストらしいですね(笑)

それにしても街宣後に高揚した気分を発散するかのように、物産店に押しかけるのは止めた方がいいですよ。それ、何かの習性ですか?

話を聞いただけで、もとい、電波を受信しただけで吐き気がします

以下、関連ニュース?(笑)
公明 地方参政権法案提出を」(9月26日 18時24分 NHKニュース」

> 公明党の山口代表は、静岡市で記者団に対し、日本に永住する外国人に地方参政権を認めるべきだとして、秋の臨時国会に地方参政権を認める法案を提出したいという考えを示しました。

赤羽駅のほうからの電波を受信してましたが、あまり内容が乏しいので後回しにしていました。

在特会サイトのニュースで報告がなされているぐらいでしょうか。

弁士はいつもの花形はいなかったようですね。電波発信元が確認できたのは黒田氏と侍蟻氏とのこと。黒田大輔氏が2回マイクを持ったようで、弁士不足ってところでしょうか(苦笑)

槇氏が新エントリーで、自爆度合いを加速しています。2009.09.15エントリー2009.09.18エントリーなど。

どこかの自称ジャーナリスト氏のブログ(現在はお弟子さんが更新)に比べたら良心的なコメントも寄せられているようですが、心身ともに東村山に身を喜捨してしまっている今となっては、聞く耳持たずといったご様子ですね。

りゅうオピニオンさんところのコメントなどでも取り巻く状況が垣間見れます。(そのコメントに対してのResエントリー「まきやすとも氏について、「りゅう」がどう思っているかを聞かれたので答えてみる」も参照ください)

本当にかわいそうになってきました。早く「ごめんなさい」しちゃったほうがいいですよ。

瀬戸氏が脳梗塞の再発で入院されたとのこと。心よりお見舞い申し上げます。

氏のブログの報告エントリーによると、2週間で退院とか。あまり無理はなさらずに。


ところで、偽装入院(という逃亡、しかも別角度からの)という情報もありますが、正確な情報がない限りはどうこう言うのはナンセンスと思いますので留めておきます。


さて、りゅうオピニオンさんが復帰早々、すごい勢いでエントリーを書かれていますが(笑)、 最新のエントリーで矢野絢也氏の著書「黒い手帖」に書かれている「藤原元都議暗殺計画」について触れていらっしゃいます

りゅうさんの変わらずのスマートな文章にうらやましさを感じつつも、少し推測コメントをしておきたいと思います。

断片的にですが情報が入ってきましたのでアップします。

東村山等街宣名誉毀損裁判・第1回口頭弁論は、被告側の資料不十分のため中断。
15分ほどで閉会。10月30日(水)までに再提出をし、11月13日(金)10:00に再開とのこと。
終了後に傍聴に来ていたジャーナリストと被告応援団とで若干のトラブルがあった模様。

街宣に瀬戸氏がいなかったとか、被告側に黒田氏がいなかったとかの情報もありますが...。

以上、取り急ぎ。

既エントリー「槇泰智(まきやすとも)氏、3件目の訴訟との情報(※タイトル訂正)」のフォローエントリーです。


槇泰智(まきやすとも)氏が代表の政経調査会が発行する機関紙「政経通信第38号」の中で、問題とされている箇所を読者の方より頂きましたのでご紹介します。

千葉さんごめんなさい。情報提供してくれた読者さんありがとうございます。(当方で読みやすいように段落部分に改行を挿入しました)

※エントリータイトルの訴訟件数は私のカン違いでした。4件目ではなく正しくは3件目となりますので訂正させていただきます。大変に失礼いたしました。ご指摘いただいた楠さんありがとうございました。


Weekly Autocrat Watcher氏がブログで速報をされています。
・2009-09-09「【提訴】元副署長、政治団体会長に損害賠償100万円請求

> 政治団体機関紙に「女性市議の転落死を強引に自殺として処理した」などと虚偽の記事を掲載され、社会的信用と評価を低下させられたとして、元警視庁副署長の男性A氏が機関紙の編集・発行人である政治団体会長B氏を相手取り、総額100万円の損害賠償を求める民事訴訟を東京地裁立川支部に起こしていたことが分かりました。
ここで言われている政治団体機関紙は、槇泰智まきやすとも)氏発行の「政経通信第38号」のことでしょう。今後の推移を注視したいと思います。


なお政経通信第38号の内容はほとんどドコソコの怪しい情報を受け売り切り貼りしただけの、情報ソースとしては価値の低いものですが、紙媒体として発行している以上、発行者はその発言に責任を求められるのは当たり前だと思われます。


我らが槇センパイなら「そう信じていたんだぁー」なんていうみっともない言い訳はしないでしょうが。


通信の内容は、りゅうオピニオンさんが2009年08月24日エントリー「着々と進んでいた槇泰智(まきやすとも)氏の民事訴訟。損害賠償請求額は2640万円+400万円なり。第1回口頭弁論も間近だ」で取りあえげていますので、そちらを参考にしてください。


取り急ぎ、以上。

最近、あまりにも低レベルな批判が続くため、少しリフレッシュのため島田裕巳氏の著書「公明党vs.創価学会」を読み直しています。

この本も創価学会員や公明党員・支援者が読めばカチンとくる箇所が何箇所もあると思いますが、それでもキチンとした批評であり、それなりの裏づけ(第一ソースの収集&明示など)があるからどこからも法的に訴えられる事はないでしょう。(情報の読み取り自体が間違っていたら正されるべきではあるでしょうが)

むしろ外から冷静に分析したらこう見えるんだという、いいテキストになるのではないでしょうか。学会員や公明党員は島田裕巳氏の著書をもっと読んでもいいのではないかと思っているぐらいです。


さて、槇泰智(まきやすとも)氏がまた愚にもつかないエントリーをアップしています。低レベルすぎて多少食傷気味ですが、紹介しておきます。

あまりにも低レベルな槇泰智(まきやすとも)氏の9月6日のブログエントリーに、アタマがクラクラしてきました。

意気揚々と紹介した記事は、

> 公明党の矢野絢也元委員長宅から手帳を持ち去ったとした「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたとして、同党の元国会議員3人が発行元の講談社と矢野元委員長らに損害賠償などを求めた訴訟
で敗訴したわけで、なぜこれが「犯罪者集団」の証明になるのやら...。

もう少しマトモな批判を展開してほしいです。ホント、お願いします。

あと、ks-laboからのTBを送信できるようにしたらどうですか? 何か不都合ありますか?
もう少し堂々とされたらどうですか? ったく情けないなぁ。

※既エントリー「槇泰智(まきやすとも)氏の東村山駅前街宣テキスト(※後日編集予定) 」を編集しようと思っていましたが、だいぶ別物になってしまったので、新規にエントリーアップします。タイトルはほぼそのままだけど(笑)

ということで、槇泰智(まきやすとも)氏が9月1日行った東村山駅前街宣のテキストを、またまたks-labo読者の方からいただきました。助かります。感謝感謝です。


しかも今回は、Youtubeにアップされている動画では削除されている箇所も補完されています。


これは...、アップしてもいいのだろうか...、と悩みましたが、槇泰智(まきやすとも)氏自身が街宣の中で、

> 名誉毀損でも、何でも、やってこい!
と一般公共スペースにて堂々と仰るぐらいなのですから、むしろ感謝されちゃう事かもしれないな、と思いアップします。

※このエントリーは後日編集予定です。

槇泰智(まきやすとも)氏が9月1日行った東村山駅前街宣の内容のテキストを、ks-labo読者の方からいただきました。ありがとうございます。

すでにりゅうオピニオンさんもアップされていますが、『まきファンクラブ会長』としてはこちらでもアップしないわけにはいきません(笑)

なお、読者様から頂いたテキストにはタイムスタンプが丁寧に入っていました。これは後日編集する際に便利ですね。大変にありがとうございます。

テキスト化された方が違うため、りゅうさんがアップされているものとは微妙に違うかもしれませんが、照合して精査していけるといいですね。もし当エントリー側が間違っているようでしたら、気付いた方ご指摘いただけると幸いです。

公明党青年委員長のたにあい正明氏がブログで連立10年の総括の必要性を言及。

・2009.08.31「総選挙を終えて  御礼と決意」(たにあい正明氏ブログ)
・2009/08/31「総選挙を終えて  御礼と決意」(公明党青年局オフィシャルブログ)

> 連立10年の歴史を公明党はしっかりと総括をしなければなりません。民主党の風といった言葉で片付けるのではなく。民主党やマスコミがどうだったかという前に、公明党がどうだったのかをしっかりと検証すべきだと思います。しかし、一方で、立ち止まってゆっくりと考えている余裕もありません。すでに次の国会や来年の参議院選挙の戦いがスタートしているのです。
> 困難な時こそ、真価が問われます。結党以来の敗北ですが、負けた時に勝つ因をつくっていく。ピンチこそチャンスととらえ、まず自分自身生まれ変わった気持ちで、戦ってまいります。青年委員長として、青年の熱と力で限界を突破してまいります。

槇泰智(まきやすとも)氏が昨日の東村山駅前後に行ったチンピラ行動[WEB魚拓]を自ら報告しているご様子。

昨年に引き続き、今回の洋品店再襲撃(未遂?)という行動は、自身の言動を正当化させる願望が強すぎるが故に、同じ事を繰り返してしまった、という現象ではないのかな、と思ったり思わなかったり。

それにしても迷惑な事には変わりませんので、いい加減目を覚ましてほしいものです。

ちなみに槇氏の街宣動画がアップされるのが遅れているのは『内容がアウト過ぎて編集に大変』なのだと思います。とはいえ、アップされることを楽しみにしていますが。


あっ、ちゃんと街宣仲間の名前を間違えたところもアップしてくださいね(笑)

TIN氏、3羽の雀氏がすでに初報をしていますが、東村山・東大和における街宣禁止の仮処分中の槇泰智(まきやすとも)氏が、予告どおり東村山駅前で街宣をした模様。

TIN氏の報告では、その後、洋品店訪問を実行しようとしたが未遂とのこと。一安心です。

なお配布していたビラは、

・「政教分離を考える会」発行ビラ
・朝木議員謀殺事件とは?(連絡先:せと弘幸)/裏:朝木直子会見動画の画面ショット
・ストップ! ザ『政教一致』ニュース 創刊号

とのこと。以上、取り急ぎ。

槇泰智(まきやすとも)氏も東村山の街宣に参加されるんですね。へぇー。


2009.09.01エントリー「東村山で街宣やる」より、

>  ただ、議会の中でも孤立しながら創価学会・公明党と産廃業者の癒着を追及していたために殺害されたこと。
>  そして、創価学会の手によって自殺と処理されたことにに対しては看過するわけにはいかない。
追及していたために殺害された」のですね?


> 私は声を大にして訴えます。
> 「朝木明代さんを殺したのは創価学会に間違えありません。
> と、いう事を言う人はたくさんいるんです」

『と、いう事を言う人はたくさんいるんです」』箇所は若干の小文字ですね。これで瀬戸氏を見習って回避したつもりでしょうか...。

自称ジャーナリスト瀬戸氏とその一派が動画が削除されて困っちゃう、という事を仰っていますが、実は動画を削除(申請)しているのは自分たちじゃないの? という仮説をks-laboとしてはたてています。


その理由は以下です。

・肖像権の侵害で訴えられる可能性が大である動画が削除されるのは実は歓迎
・動画の削除申請は誰もができ、なおかつ偽称することができる(それが合法/違法かは別として)
・削除されることで敵対勢力の圧力とアピールできる
・なおかつ同調する人間に拡散を呼びかけることができる

槇泰智(まきやすとも)氏が訴えられている、写真著作権侵害裁判の状況が少しづつわかってきました。インターネットの有難みのようなカンジです。

りゅうオピニオンさんも取り上げていますが、槇ファンクラブのお株を奪われてはならぬとks-laboも取り急ぎ簡単に取り上げておきたいと思います(笑)


まず槇泰智(まきやすとも)氏本人のブログ、
・2009.08.25「第一回口頭弁論は8月28日(金曜日)」
・2009.08.27「裁判官が同じじゃぁ、意味がないね
訴えられた内容や裁判日程(最初だけだけど)がやっと報告されました。

既エントリー
「政教分離を考える会」発行のビラを配っていたことを隠したいご様子
「政教分離を考える会」発行のビラを配っていたことを隠したいご様子(2)
の続きです。


と、またまたその前に、
前々回エントリーで自称ジャーナリスト瀬戸弘幸氏のブログへ送信したTBが削除されてしまう件はご報告した通りですが、前回エントリーで送信したTBもやはり削除されてしまいました。アチラ側のチキンな対応も別に自由ですが、いちおうご報告させて頂きます。


さて、こんなに長くなるとは思っていなかった3回目です。これで終わると思いますが、最後までどうぞお付き合いの程よろしくお願いいたします。

既エントリー「政教分離を考える会」発行のビラを配っていたことを隠したいご様子」の続きです。

と、その前に、

前回エントリーは関連するブログへのTB送信を行っておりますが、自称ジャーナリスト瀬戸弘幸氏のブログへ送信したTBが削除されているようです。TB送信も自由、もちろんそれを拒否(削除)するのも自由ですが、一度受信したTBをわざわざ削除するのは何か不都合なことでもあったのでしょうか。いずれにせよチキンな対応だなと思います。

さて、今回もTB送信できるのでしょうか。そして削除されてしまうのでしょうか。大変に楽しみです


閑話休題。

前回のエントリーで、黒田大輔氏(通称クロダイ)が『「政教分離を考える会」発行のビラ』を配布していたことはほぼ確定している旨のことを書きました。

今回は、当エントリーのタイトルでもある、その御自身がされてきた『「政教分離を考える会」発行のビラ』を配っていたことを隠したがっているご様子を取り上げたいと思います。

『「政教分離を考える会」発行のビラ』を配っていたにも関わらず、『単行本の宣伝パンフ』を配布していたと仰ってる方々がいます。

そして暴行されたのだ、これは言論妨害だ! と。
メルトダウンが始まり、何もかもが溶け出しているかのような壊れっぷりが痛々しい状態です。


すでにりゅうオピニオンさんもツッコまれていますが、いちおう整理しておきたいと思います。


まず暴行(と彼らが主張する出来事)が公表されたのは、行政書士・黒田大輔氏のブログ、
2009/08/25 04:00エントリー「創価学会批判ビラを撒いて暴行されました。(追記あり)」です。

りゅうオピニオンさんがすでにバッサバッサと斬っておりますので、

2009年08月25日「実際には「政教分離を考える会」ビラを撒き、問い詰められると「池田大作の品格」ビラを撒いていたと言い訳する妙観講員らの情報を入手。公選法違反を認識しているようだ
2009年08月26日「黒田大輔氏があわてて追記して言い訳するも2種類のビラ配布を自白。また誰かに怒られたんでしょうね。可哀想に

ks-laboとしては現時点で気になった点をひとつ。


黒田大輔氏(通称クロダイ)が暴行を受けたとシャカリキに宣伝している動画を拝見しました。


黒田氏は軽犯罪法1条28項(つきまとい行為)を声高々に訴えていらっしゃいますが、そのやり取りの中で相手男性に対して、驚くべき詰問をしています。

あんた創価学会員か? イエスかノーで答えろ!」 (1分45秒あたり)
「創価学会なら、池田大作は脂狸ですと言ってみろ!」(1分55秒あたり)


後者を叫んでいるのは黒田大輔氏ではなく同行者ですし、低レベルな悪口で発言者のお里が知れるようなものですので、ここはほっときます。

今回取り上げる問題は前者ですね。
イエスかノーで答えるということは、信仰の告白ということになりますでしょうか。


これは、日本国憲法第19条「思想・良心の自由」第20条「信教の自由と政教分離原則」の精神に反しておりませんか?

すなわち『沈黙の自由(信仰の告白を強制されないこと)』を侵害しているのではないか? ということです。


勘違いな解釈とはいえ『政教分離を考える会』のビラを配布している隣接法律職の黒田大輔氏(通称クロダイ)が、そんなことでいいのでしょうか? それとも全て納得の上でしょうか?

ぜひとも今後の言動でその答えを示していただければと思います。


あっ、黒田大輔氏の大好きな軽犯罪法には、1条16項「虚構の犯罪又は災害の事実を公務員に申し出た者」というのもありますが、そんなことは当然ながらご存知ですよね?


[お断り]
当方は法律のプロでもセミプロでもありませんので、誤認識等ありましたらご指摘いただければと思います。誰かと違って素直に謝りますので(^^;;

本日の中傷ビラ告訴申立てについての記事をりゅうオピニオンさんが起こしてくれました。手を抜いたわけではないのですが、ごめんなさい。そして、いつもありがとうございます。

さて、まだ8月30日までは時間ありますので増える可能性が『』ですが、「政教分離を考える会」が発行する中傷ビラに関して、告訴・告発が連続していますので、少し整理をしておきたいと思います。

8月14日、大阪府警察本部に告訴申立て
8月19日、警視庁に告発申立て
8月21日、神奈川県警旭警察署に告発申立て
8月21日、大阪府警本部に告発申立て
8月21日、福岡県警八幡東署に告発申立て
8月24日、愛知県警に告発申立て

以上6件は、公職選挙法違反(政治活動の規制違反罪)での告訴・告発申立てですが、その他にも、ビラによって選挙運動用ポスターを毀損したとして告発されているのが1件。

8月21日、警視庁赤羽警察署に告発申立て(中傷するビラを貼り、複数枚を毀損)

以上の7件がいずれも公明新聞で確認できます。

おっと。
政経通信38号の件は、やはりりゅうさんの方が早かったですね。さすがです。

ということで、ks-laboとしてはやることがなくなった(いやそんな事もないけど(笑))ので、この件は後回し。

で、それだけではあまりにも寂しいので、本日の公明新聞ネタでも。

中傷ビラで告発申立/公明党愛知県本部代表」とのことです。
内容は他所での告発申立記事とあまり変わりません。準備は着実、といったところでしょうか。

すでにりゅうさんのほうで取り上げていますしスルーしようかと思っていたのですが、一点だけ。

黒田大輔氏(クロダイ)が華麗に融合してみせた『公明選挙を監視する市民の会』の代表である足達富士子女史も副代表佐貫氏と同じ信徒団体の構成員ですね。

参考資料→2chからの拾い物『「公明選挙を監視する市民の会」設立時の発表資料?

りゅうオピニオンさんより、ご指名未遂だった政経通信38号ですが、まだ模索舎には届いていないとりゅうさんがお嘆きのご様子です。政経通信38号の件、早めにエントリーアップすればよかったですね。ごめんなさい。


8月30日までは何かと忙しい日々ですが、近日中にでも(りゅうさんの)ご期待に応えれるよう頑張りたいと思います。


それにしても槇泰智(まきやすとも)氏は中身のない機関紙を作るよりも先にやることがあるでしょうに。東十条の件もダンマリを決め込む魂胆なようですね。まぁそれならそれでいいのですが、どちらにせよ槇泰智(まきやすとも)氏の暴力体質は折を見てしっかりと残しておきたいと思っていますので、あしからず。

既出「せと弘幸氏がもったいぶって、いまだに正確で詳細な情報が明らかにされない雨具傷害事件」の続きです。

と、その前にまず、赤旗掲載情報についての訂正です。
前エントリーで「政教分離を考える会」が報道機関などに出したと言い張っている詳細な事件の概要について、当ブログが2009年8月20日18:31時点で確認できたのは『しんぶん赤旗(紙面版)』のみと書きましたが、事実関係が少し違いました。

既出エントリー「吉田康一郎さん、「不逞朝鮮人は出て行け」と叫んだことで日刊ベリタさんがお呼びのようですが」のその後がやっと判明。(といってもすでに4日前の事ですでにどこかで紹介されているかもしれないけど...)

日刊ベリタ2009年08月17日14時37分掲載の、「≪公開質問状≫ 拝啓 民主党代表 鳩山由紀夫様  民主党は排外主義・レイシズム都議をどこまで抱え込むおつもりなのか、政権選択選挙を前に再度お尋ねします」に、

> こうした言動を公にしている吉田都議のような人物を公認することは、「民主党はそうした排外主義・レイシズムを許していると考えてよいのか」、と都議選を前にした6月26日に鳩山党首および貴党東京都総支部連合会代表である管直人氏に公開質問状を文書、メールで差し上げ、日刊ベリタのウェブサイトに掲載しました。しかし、何の回答もなく無視され、今日にいたっています。
とのこと。

何の回答もなく無視されても、回答する義務はないのでしょうがないですが、伝え聞くところによると吉田都議がその公開質問状の存在さえも認識していなかったとか...。

いずれにせよ、今回の公開質問状にどのような対応をされるか注視していきたいと思います。

ちなみに長妻氏は吉田都議と仲良く街頭演説されているのをお見かけしますが、今後のことを考えるとやめておいたほうがいいと思いますけどねぇ。

雨具傷害事件(呼び名はTomatotic-jelly氏からいただきました)ですが、いまだに正確で詳細な情報が明らかにされなくヤキモキ(笑)していたら、とうとう瀬戸ブログで詳細エントリーが! と喜び勇んで見てみるも拍子抜けな内容でした。

あまりにも拍子抜けな内容ですが、唯一大事な点がありましたので引用しておきます。

>  さて、この捜査はどこまで進んでいるのでしょう。この事件をウヤムヤにすることがあっては絶対になりません。これは西新井警察署や警視庁だけの問題ではありません。
ほんとそうです。ウヤムヤにはしないでくださいね、瀬戸センセー。

自称ジャーナリスト瀬戸弘幸氏が、今日もせっせとビラ配りをされたご報告をされています。

動画もアップされたようですね。まぁ内容に関しては...触れるほどの事もありませんので気になった点だけ。

動画の最後の最後。創価学会(と瀬戸氏一派が呼んでいる)男性が携帯電話を、撮影者に向けた時にぶつかったようでその瞬間で動画が終わっています。

注意して聞くと「とっとと撮んなよ」と言ってるようです。

自分が撮ってるのに?(笑)

しかもどうもわざとぶつかっている様子ですが...。まぁ、ご立派な夕刻憂国の志士さんです。お里が知れますよ。

ところで、2009年8月9日「瀬戸弘幸氏は東十条での騒動で一つ隠していることがないかい?」で瀬戸氏に呼びかけていますが、どうも本人も気になってしょうがないようですね。理由はあえて書きませんが(笑)

気になってビクビクしてるぐらいなら、いっそのことバラしてしまえばいいのに。

当ブログにおいて2009年8月9日01:13に「瀬戸弘幸氏は東十条での騒動で一つ隠していることがないかい?」というエントリーをアップし、自称ジャーナリスト瀬戸弘幸氏のブログの関連エントリーにTBを送信させて頂きました。


これは問題なく送信できたのですが、

その後、2009年8月10日19:42にアップした
「ストップ!ザ『政教一致』実行委員会」の責任者はフォーラム21(乙骨正生)ですか?(※追記あり)」というエントリーが瀬戸氏ブログの関連エントリーにTB送信しようとしたところ、エラーとなってしまいます。


やはり、都合が悪いことを隠しているのかと疑いたくもなるというものです。

りゅうオピニオンさんが2009年08月10日エントリー「警察官に「責任者は誰?」と聞かれ、「いないよ!今ここに!」と怒鳴り返した西村修平氏。では、責任者は誰なんですか? 矢野市議? 瀬戸氏?」で、

> ・・・普通に考えれば、あの騒動の中心にいた西村氏がビラ配布の責任者であろうと思われる。
「呼びかけ団体」として「主権回復を目指す会」が名前を連ね、名前と連絡先も瀬戸氏とともに公開している。
> それでも責任者ではないというのは、どういう言い逃れなんだろうか?
という疑問を呈しておりますが、ビラの内容を確認すると、以下のようです。

自称ジャーナリスト瀬戸弘幸氏のブログでさっそく本日の東十条での騒動をエントリーアップしてますね。

いろいろと得意げに書いていらっしゃるようですが、しかし、瀬戸弘幸氏は東十条での騒動で一つ隠していることがないかい?

伝え聞くにはどうも予告どうり[WEB魚拓]なことがあったとかなかったとか。

まぁ、何も無かったならそれでいいんですが。今後、(正確な情報が出てくることは期待薄ではありますが)各方面より出てくる情報に注視したいと思います。いずれにせよ、たかが個人ブログだとしても、あまり都合のよいようには書かないほうがいいかもしれませんね。ね、槇さん

あっ、ちなみに、本当に祭り中で地元の方にとってはいい迷惑だったとか。

さてこのエントリーをアップする前に再度一通りブログを確認していたら、よーめん氏のブログでさっそく動画が紹介されていました。それにしてもヤクザ顔負けなのはどっちなのやら。

動画には槇氏の勇姿を拝見することができました。わざわざ東十条にまででしゃばってないで、早くやることをやってほしいなぁと思っているのは私だけでしょうか。

最後に、当ブログ読者の方にお願いです。
今回の動画に白髪交じりの青い開襟シャツの壮年が写っていますが、この男性と同一人物かどうかお分かりの方はいませんか? 情報を求めています。


[2009.08.10 12:05頃追記]
よーめん氏のブログへのリンクが間違っていたようなので修正しました。お恥ずかしい...。

聞いてみたいが、TB拒否られてるので反応は推して知るべし。


槇泰智(まきやすとも)氏に出された街宣禁止等仮処分命令への『異議申立て』の審理が7月22日に行われた事に対し、高倉都議側弁護士が反論書を提出する期日が8月5日(水)となっていたと思います。


すでに3日ほど経っていますが、槇氏のHPではそれに関連する情報は見受けられません。
三鷹米国大使館やに出張るのも結構なことですが、騒ぎ出した張本人としてできれば最後まで責任持って取り組んで頂きたいな、と思います。

足立区で「政教分離を考える会」のビラを配布していた日蓮正宗信徒が何者かに傘で目を突かれて病院に担ぎ込まれたそうです。

この件について、黒田大輔氏が08/0308/04のエントリー、また自称ジャーナリストの瀬戸弘幸氏が08月03日08月04日のエントリーで騒いるようです。

あっ、東村山恐怖新聞でも書かれているようですね。

何かと忙しくて更新できてません。(エントリー編集画面を見るのも久しぶり)


それにしても流れが早いっす。
いろいろと回収したいネタはあるのですが、とりあえず思いついたままポスト。
もしかして他サイト・ブログで既出内容でしょうが、ご容赦を。


まず自称ジャーナリスト・瀬戸氏がスクープ狙いでフライングした、「緊急UP! 創価学会要人に怪情報」のエントリーは、翌日のエントリー

>  ※昨日夜ネットで「創価学会の要人が脳死状態」の怪情報が流れていたので紹介しました。今後もこのような情報は例え間違ったものであっても即お伝えします。
と見事に『自称』ジャーナリストの肩書きを証明したというオチということで。まぁ、予想通りというかなんというか。

後日、槇泰智(まきやすとも)氏が一連の騒動で何をしたのかを時系列で整理する予定ですが、寝る前に一言だけ。


槇氏に出された街宣禁止等仮処分命令への『異議申立て』の審理が7月22日に行われ、槇氏が自身の言動を正当化するための証拠として『6月25日の朝日新聞夕刊』が出されたことはすでに既出エントリーでも紹介している通りです。


ん?

斜め上をゆんゆん飛ばしている方々を見ていると、「ソースロンダリング」という言葉を思い出します。


昔、よく見ていたサイト「Irregular Expression」の主gori氏の造語ですが、なかなか面白いので紹介させて頂きます。

(そういえばgori氏はどうされたのでしょうか...、意外と楽しく読んでいたのですが...)

August 27, 2004のエントリー「解説「ソースロンダリング(情報源洗浄)」」より、

> オレの造語です。ソース(情報源)が曖昧で信憑性の乏しい情報やデマを、社会的に信用や権威のあるメディア・人物を介して伝播する事で、他者に信用させるだけの信憑性を補完しあたかも真実のように既成事実化する手段。情報源洗浄。

詳細はリンク先をご参照ください。

昨日(7月22日)14:30から東京地裁503号法廷で行われたという、槇泰智(まきやすとも)氏に出された街宣禁止等仮処分命令への『異議申立て』の審理内容が、槇氏のブログで報告された[WEB魚拓]ようです。


いろいろと難癖をつけていますが、いつものように通常のルールに則って執り行われたのでしょうが、ずいぶんと槇氏の言説もトーンダウンしてきたご様子で...。哀れみさえ感じます。

当ブログの数少ない貴重な読者(でありリアル知人)から、内田樹氏のブログを気分転換に読んでみたら、と薦められた。

知人曰く「ナショナリストとパトリオット」というエントリーが面白いよ、とのこと。


溜飲が下がった。

ここ数日、はぁー忙しかった。


すっかり都議選も過去のこととして、衆院選の話題で持ちきりですが、当ブログとしてはマイペースに細々と更新を続けていきたいと思います。


さて、既出エントリ、
吉田康一郎氏は右翼団体との関係性を明らかにしたほうがいいのでは?
吉田康一郎氏は右翼団体との関係性を...(その2)
の続き。


政権交替が実現するのか、世間様では注目度が高くなってきているわけですが当ブログとしての関心事はだからこそやはり吉田都議の今後の身の振りかたでしょうか。


都議選告示前より、本業そっちのけ(かどうかはわからないけど、だいぶ不規則な生活を心配されながらも)でビラ配りに勤しんでいる行政書士・黒田大輔氏のブログには、都議選告示前2009/06/29エントリー「さぁ、都議選祭り開催だよ!! &カルト創価学会撲滅」となんとも露なエントリーがポストされています。

自称ジャーナリストの瀬戸氏が2009年07月16日エントリー「自民候補に票を回した?」にて、今回の都議選で公明党の得票数が減ったことの要因の一つとして、

>  次に考えられるのは大掛かりな住民移動が行なわれなかった。このことも指摘しておきます。
>  従来から言われてきたことですが、東京都議選ではあらかじめ各地方から住民票を移動して投票していたと言われて来ました。しかし、もうこのような手法はさすがにやれなくなっているのでしょう。
と仰っています。

既出エントリ「吉田康一郎氏は右翼団体との関係性を明らかにしたほうがいいのでは?」の続き。
前回はタイトル名が長かったので今回は省略しました(笑)


なお、昨日の中野駅前でのお祭りはりゅうオピニオンさんが書かれているのでそちらを参照で。(^^;;


さて、目を疑うとはこういうことを言うのか? と思うぐらい見事に二度見をしてしまいました。

さて、何やら、中野区や北多摩選挙区での公明党候補の得票数が減ったのは、

> 我々の運動によって着実に彼らの票は減りました。信教の自由を振りかざし、その名の下に我々を警察・検察・司法権力を以って弾圧しようとしたその結果は今回同様に総選挙においても示されるでしょう。
(瀬戸氏ブログ2009年07月13日エントリー「創価の票は確実に下落した。」[WEB魚拓]より)

だそうです。


えぇー! そうだったんですかぁー!!

民主都議・吉田康一郎氏が、在日特権を許さない市民の会(在特会)や主権回復を目指す会といった『行動する保守運動』と自称する一部右翼団体に対して、その活動に賛同し激励しているということは既出エントリー「吉田康一郎氏が右翼市民運動団体『在特会』に送った激励の言葉」で紹介した通りです。


その吉田都議が激励する主権回復を目指す会が最近、進学塾の栄光ゼミナールに対して「廃業に追い込もう!」と抗議活動をしているご様子です。

<抗議を拒む栄光ゼミナールを廃業に追い込もう!>
<抗議を拒む栄光ゼミナールを廃業に追い込もう!> 番外編

瀬戸氏ブログ2009年07月12日「緊急UP 創価学会の言論弾圧を許すな

ならびに

侍蟻氏ブログ2009年07月12日「[対創価]荒川の決戦!

で例のビラが公開されていますね。

まぁ、なんとも大胆な(笑)

うぅ、WEB魚拓をとる時間がない...。

都議選、投票始まる=与党の過半数、第1党焦点?深夜に大勢判明
7月12日7時15分配信 時事通信

>  次期衆院選の前哨戦として各党が総力を挙げた東京都議会議員選挙(定数127)の投票が12日午前7時から約1800カ所の投票所で始まった。午後8時に締め切られ、即日開票される。大勢判明は深夜の見通し。選挙結果は、自民党内の麻生太郎首相の退陣を求める動きや、衆院解散の時期に影響を与えるのは必至だ。

さていよいよ7月12日ですね。泣いても笑っても今晩中には大半が結果が出るってことで。
なかなか厳しい予想がされていますが、どうなることやら。今晩はニュースにかじりつきです。


ところで、昨晩(?)も公選法違反の疑いのあるビラを元気に撒いている御仁もいらっしゃるようで、お元気で何よりです。ぜひ今日も元気に罪の(疑い)上乗せを繰り返してみるのも一興かもしれません。(りゅうオピニオンさん2009年07月10日のエントリーなども参考に)

既出エントリー「よく恥ずかしくないなぁー、と個人的に思った事まで隠してもしょうがない」において、ひこにゃんたさんから以下のようにコメントを頂きました

> ひこにゃんた | 2009年7月10日 16:00 | 返信
> そう言えば、政経調査会の住所に当たるところにY氏のポスターが
> 貼ってましたね。お仲間なのか、お友達なのかよく存知あげないのですが。
> 場所が場所だけに、住人の方が積極的に貼り出されたと考えるのが自然だと
> 思ったりもします。
> 槇氏にも是非、コメント頂きたいですね。なんたってここはコメント拒否なんか
> しませんからぬね。

※引用コメント中、特定候補者名が記載されていましたので、当方でイニシャルに置換させて頂きました。時期が時期だけにご了承ください。


えぇー!?

これは本当でしょうか?脳内認定がお上手な誰かさんのようにコメントだけで信頼することもできませんので、やはりここはご本人にお聞きしたいところです。(でもアチラではコメント削除されかねないのであくまで当ブログで(笑))


政経調査会の代表、槇泰智(まきやすとも)さん、「支援政党は民主党ですか?」


【補足】万が一、当エントリーの内容が問題アリと正当なご指摘を頂いた場合、その旨を明記の上、本文のみ削除させて頂きます。あらかじめご了承ください。

残り今日1日!

■さて、ここから本題。

槇やすとも氏は『言論に対し言論で対抗する訓練』[WEB魚拓]を受けていると自覚されている節がございますが、2009.07.10のエントリー「「国際宗教連盟」、、、、とは」[WEB魚拓]で、

>   通告
>   ==
>  ここは一般の掲示板とは異なり、不特定多数の者が入り乱れ、自由闊達に意見を書き込んだり、意見の異なる者に対し、罵詈雑言を浴びせることを許容する場ではありません。
>  最近の創価学会員、及び創価学会を批判する意見に対し憎悪を持つ人々によるコメント等の書き込みは、犯罪的妨害行為であり、ブログ開設者として許容するものではありません。
>  今後も、このような事態が継続されるのであれば、創価学会による組織的犯罪行為とみなし、厳正に対処させていただきます。
>  以上、通告しておきます。

と、到底訓練を受けたとは恥ずかしくて言えないような醜態を曝していらっしゃいます。

詳細は、りゅうオピニオンさんが丁寧にコメントされていますので、そちらをご参照ください。

「詐欺師」だと人を陥れようとしている人間が実は「詐欺師」なのでは? というオチ。

いえ、まきやすとも氏のブログ[WEB魚拓]を拝見して、個人的になんとなくそう思ったわけです(笑)


巨大なシンジケートの手先である「詐欺師」を糾弾している正義の使者。と思わせる詐欺行為。

なんちゃって(笑)


それよりも、ご自慢のビラのアップパクリ疑惑への返信(反応)をいただけると幸いです。


さて、今日も一日頑張りました。また明日も頑張ろう!

先のエントリーで槇氏にはお願い事をしていますが、今のところ反応いただけてないよう(アクセスログはそうでもないようですが...)なので、再度書いておきます。

槇泰智氏が配布しているビラをぜひアップしてほしいというお願い

槇やすとも氏がしきりにビラ配布し喧伝したガソリン云々のネタは、『行革110番』からのパクリですか?

という2点ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

そして、

> もちろんどこかの誰かさんのように、返答がないからと言って「逃げた!」だの「言えないんだ!」などと幼稚なことは言いませんが、こんな弱小ブログでも少しばかりはアクセスがありますので、それなりの数の眼は気にされたほうが良いかと思います。念のためアドバイスです。

ということも再述させていただきますね。やさしいなぁ(笑)

槇泰智氏にお願いがあります。

氏のブログ、2009.07.05のエントリー「2時19分、警告します」で、

>  藤井警部が言うには先ほど配布していたビラが公職選挙法に抵触するとか。
とか、
>  で、これから区内に配布するン万枚のチラシですが、政経調査会と書いた部分を黒塗りしなければなりません。
> 大変な作業となります(汗

と仰っているビラの内容をぜひアップしていただけないでしょうか

どんな内容か、興味津々です。

前者はさすがにビビッてできないかもしれませんが、後者は既出エントリーにコメントがあったように、すでに配布されたご様子ですので、


広く世に知らしめたいからこそビラ配りをされているのですよね?

まさか公開できないような代物ではないですよね?


ぜひ以前(参考1参考2)のように堂々とアップしていただけるものと期待してます。

ね、槇さん

■あくまでエントリーの前置き

槇やすとも氏がまたもや東京地裁にて騒動を起こしてきたそうで。

氏のブログでも、「2009.07.02エントリー」[WEB魚拓]や、「2009.07.04のエントリー」[WEB魚拓]で周知・報告がされていました。

さて、内容はと言うと、一部で(いろんな意味で)有名なよーめん氏が自身のブログ「2009年07月03日のエントリー 」で動画付きの報告をされていますが、よーめん氏のブログはすでにアッチの方向へツキ進んでしまっているようなので、動画では「暴動行動保守」という方々の醜態と志向性行動力と御主張の確認ができるぐらいでしょうか。

むしろやはりと言いますか、3羽の雀さんの「2009-07-04エントリー」や凪論さんの「2009年07月03日のエントリー」、また最近ブログを立ち上げられたりゅうさんの「2009年07月04日のエントリー」を読まれたほうが、よっぽど状況がご理解いただけるかと思います。いつもご苦労さま&ありがとうございます。

当ブログでも槇やすとも氏がどのような行動をされたかということを、中野区のためにもしっかりと記録しておきたいと思っていますが、時期が時期だけに時間の確保が難しい上流れが早いので、後回しになってしまっています。活用させて頂いている各ブログの方には参照ばかりで大変恐縮です。

お昼休みに(若干尻切れトンボな)エントリー「まきやすとも氏の刑事告発に関連して、個人的に整理を試みる」をポストさせていただいたわけですが、要するにまきやすとも氏という人間がやりたかったのは3羽の雀さんの一言「手柄の横取り」につきるわけで、その手柄によって右翼として名を上げたかったのだー、と、こうストンと腑に落ちたわけです。

さしずめ東村山などでの騒動は『狼煙を上げる』的な位置づけだったのでしょうか。(もちろんブティック襲撃なども忘れてはなりませんが)

さて、であれば今回の一連のまきやすとも氏の(大変迷惑な)街宣活動は本当に公憤による行動だったのでしょうか?

まきやすとも氏が昨日、高倉良生都議を刑事告発したとのことです。

まきやすとも氏のブログ2009.07.01エントリー「詐欺罪で刑事告発」[WEB魚拓]

> 7月1日(水曜日)
> 警視庁に対し高倉良生を刑事告発する。
> (中略)
> で、警察署で告発の手続きをしていたら自宅から電話。

告発罪状は『詐欺罪』。

> ピッタリと公費負担の上限で66,150円にするならば、537.8リットルでいい訳なのだが、
> 「差額の61,647円は自己負担したんですよ」と、装うなど手が込んでいる。
> 特筆すべきは7月1日の204.5リットルだ。どうしたらそんな量のガソリンが入るんだ。
> 運動員の随行者も勘違いして供給した、というがそれでも100リットルずつ、給油したという事か?
>  こういった、手の込んだ不正を行っているのは、ガソリンスタンドからの差額分のキックバックを目的としたとみるのが妥当だ。

要するに、公費を騙し取ったのだと、そういうことですね。

吉田康一郎氏が右翼市民運動団体『在日特権を許さない市民の会』主催の「在特会 全国大会」で送った激励の言葉が、日刊ベリタさんで紹介されていましたので、こちらでも少し紹介させて頂きます。

●「在特会 全国大会」(2009年1月10日)より抜粋

「在特会の活動というのは、私も横で拝見させていただいて、時々ご一緒に活動させていただいたりしてですね、これは大変大切な活動を今の日本においてはしているんだと、こういうふうに思っております。」
「今度私は民主党に所属していまして、党内でもいろいろな軋轢があるんですけれども、私は自分の信念に基づいて、例えば、外国人の地方参政権やあるいは国政参政権、こういうものは、絶対に認めてはいけないと、こういう立場でこれまでも活動してまいりました。これからも活動してまいります。」
「民主党という党内において、例えば外国人の地方参政権、あるいはその先に視野に入れていると、あちこちの方が言っている、国政参政権、こういうものには、絶対に反対していく」
「在特会が取り組んでいらっしゃる、(中略)在日の特権という問題について(中略)の活動というのは、本当に大切なことを、大変少数でありますけれども、やっていただいている。」
「私はこのような思いで、在特会さんの活動に、大変な理解というか、応援もさせていただきたいと思って、これまでも一緒にデモに参加をさせていただいたりしております。」

なにやら今日も元気に街宣命なようで、どこまでも元気で何よりです。

で、閑話休題。
既出エントリー「槇やすとも氏は著作権法違反で告訴されたのでは?」は、槇氏が『著作権法違反』で告訴されたことを、せと氏が「『肖像権違反』で告訴された」と勘違いしてしまっていたので、軌道修正の意味(思いやり?)のためエントリーをアップしておきました。

それが気に食わなかったのか(いやこんな弱小ブログは相手になんてしてないでしょうが)、
なにやら「訂正」という追記がされており、

>  肖像権違反と書きましたが、正確には著作権違反ということなので訂正させて頂きます。これは敢えて肖像権違反と表記させて頂いたものです。

なんていうかなんともみっともない言い訳をされているご様子です。

さて、昨日コメントでもご紹介いただきましたが、
公明新聞:2009年6月25日「悪質な写真盗用で告訴申し立て」にあるように、

> 悪質な写真盗用で告訴申し立て
> 写真家・箱崎氏 著作権法違反で警視庁に

とのことです。

この件に関し、3羽の雀の日記さんが2009-06-25のエントリー「やっぱり裁判のことをわかっていない瀬戸弘幸サン」で、

> 私もここまでやらなくてもいいんじゃないかと疑問に思わなくはないですが

とコメントされているように、それぞれ賛否両論はあるようですが、その辺は今後の成り行きを見守るとして、それよりもなによりも、瀬戸・槇氏の焦りようは端から見ていて心配になってしまうほどであります。

選挙カーの燃料費「不正請求」と「過大請求」』について、自分なりに整理しておこうと思っていたら、すでに3羽の雀の日記さんがされておりました、と。

で、そんな時にフト思った。

あれ? 槇泰智氏が6/17に野方で配布したビラに確か『中野行革110番』と書いてあったようななかったような。『行革110番』と言えば世田谷の後藤雄一都議の会派名。

しかも槇氏連中が主張する内容は、3羽の雀の日記さんが解説されている通り、内容は似通っている。(いやむしろ劣化?)

ですが、ネットで配布ビラの文言を探した限り、『中野行革110番』まで書いてある情報がなく...、誰かビラの現物持ってませんか?(勘違いならごめんなさいね)

あれ、また槇ファンクラブに逆戻り...しないように以後気をつけよう(笑)

タイトル長っ!

さて、いつまでも泪目になっているわけにもいかないので(笑)、昨夜、空さんに返信した通りもう少しバランスよくエントリを投稿していきたいと思います♪

ということですが、その前に...、
既設エントリー「吉田康一郎氏は、在日特権を許さない市民の会の活動主旨にどこまで共鳴しているのだろうか。」において、6/17の中野駅で民主党と新風が立て続けに街宣したことを受け、

> ん? ん?? 慌てて知人に確認を取ったところ、確かに本日、中野駅で行われた模様。
> なおかつその後、同じ場所で民主党の街宣が行われたとか...。そう、そうなのですか? 吉田さん。

と若干の疑問を提示しましたが、「この防犯キャンペーンは「名誉毀損」には該当しません【前編】」の動画を見る限り(1:27あたりの槇氏のコメントなどから )、連携プレーがあったとは思えませんでしたので、念のためご報告させていただきます。失礼いたしました。

瀬戸弘幸さんの脳内ではどんな化学反応が起こっているか到底理解はできないですがー。

例のごとく、2009年06月23日のエントリー「公明党有志はなぜ消えたの?」において、

> 公明党有志はなぜ消えた。
> 結局は正体不明のブログに逆戻りなの?

と言ったり、
>  何か、苦しい言い訳のように見えますが、まぁー良いでしょう。これからが楽しみです。質問にも答えてくれるようですから、これまでの公明党のイメージとはだいぶ違います。

と言ったりと、なにやら凄まじい勢いでバチバチと起こっているのは伺えます(笑)

呼ばれた当人はまんまと行けなかったわけですが、様々情報がアップされてますのでご紹介。
※リンクだらけでリンク先の管理人さまならびに読者の皆さまごめんなさい

まず瀬戸氏ブログ「せと弘幸Blog『日本よ何処へ』」、2009年06月22日エントリー「中野駅前・厳戒態勢下での街宣
以下引用、

> (前方割愛)何と制服警察官が多いのには驚きました。
>  暇なので数えて見るとゆうに30名以上にもなります。
>  我々が中野駅前で演説することと関係があると直感的に思いましたが、なぜこんなにも動員されているのか。

「直感的」って...「なぜこんなにも」って...(笑)
その辺のことは、後でもご紹介する3羽の雀の日記さんが簡潔に説明されていますので、そちらをご参考に。

当ブログを読んでくださってる皆さーん。

議論をふっかけてくる割りに、議論できない面々に煽られても、相手にしてはダメですよ。

相手をしようものなら、
感情を逆撫でし、小声大声を使い分けながらなじり、結論アリきでねじ伏せようとしてくる、そんな面々が『稀に』いますので。ご注意ください。

あえて誰とは言いませんが、一般的にそういうスタンスが大事です。

議論できる/できない方かは、諸々の言動(動画もね♪)で判断はできると思います。

賢明な対応をお願いいたします。

※上記注意は、議論・対話を拒否するものではありません。「議論できない面々」に対しての対応方法ということです(笑)

えぇ! ちょっ!!

ということで、少しビックリ、だいぶ呆れたエントリーが、瀬戸氏ブログに...。

2009年06月22日のエントリー「新聞の危機と問題点」より、以下引用(改行は当ブログで適宜割愛)、

>  緊急お知らせ
>  来るなら来て見ろ、公明党
>  本日、午後4時より中野駅前にて、槇やすともさんと合流し、創価学会=公明党への徹底批判街頭演説を行ないます。急な呼びかけなので、お近くの人だけでもお集まりください。
>  挑発的なTBをくれた公明党の有志のブログを書いている人達に告ぐ、駅頭に来てください。議論しましょう、「不正行為」をしていないというなら堂々と出てきて反論してください。

いや、さすがに今日の今日は無理っすよ瀬戸さん(苦笑)

さてお昼ですので少し息抜きに...、と思ったら、
なんかいきなりすんごいアクセスが増えてるー。

ナニナニ? と確認してみると、瀬戸氏のブログエントリー2009年06月21日「緊急のお知らせ 公明党の刑事告訴問題」からリンクされていました(苦笑)

これはこれはご紹介いただき、大変にありがとうございます。m(_ _)m

細かくは時間がある時にでも反応する「かもしれない」として、2点のみ。

まず1点、以下引用(途中改行は当方で省略)、

>  公明党もだいぶ慌てているというか、我々「行動する運動」が展開する「創価学会=公明党」批判キャンペーンに対して、無視することが出来なくなってきたようです。
>  今朝ブログを見たら公明党の有志が始めたというブログからのTBも初めて私のブログに寄せられていました。
>  これは驚きです。このブログは実験的に始めたとありました。

と、ご紹介いただいたのですが、瀬戸氏も書かれているとおりこのサイトは有志が実験的に始めたものであって、公明党の主義主張をオフィシャルに体現しているわけではありません。

すっかり槇ファンクラブのような状況になってしまっている当ブログを主自身が危惧している次第ですが、こと中野区のことに関わる出来事なのでキチンと残しておきたいと思います。特にこんどの区議選で皆さんが何の迷いもなく判断ができるように(笑)

槇泰智氏は、もしかして自分自身が司法機関だという妄想を抱いている? と思えてしまうようなエントリーを連投しています。

さて、まずはこちら。

槇泰智氏のブログ 2009.06.20 のエントリー「おお、公明新聞に俺の名前が、、、、」を。

そうですかそうですか。よほど嬉しかったのでしょうね。よかったよかった(笑)

で、いろいろツッコミどころ満載ではありますが時間がないので少しだけ。

タイトルはモジリですのであしからず(笑)

虚偽の街宣、ビラを告訴・告発
名誉毀損罪などで警視庁に 東京・中野区の高倉都議ら
(公明新聞:6月20日付)

以下引用、

>  公明党の高倉良生都議会議員は19日、東京都中野区内で街宣車の拡声器を通して同都議を犯罪者などとする虚偽の街頭宣伝を行い、また同趣旨の悪質ビラを配布したとして、刑法の名誉毀損罪で同区野方の槇泰智を警視庁に告訴した。

詳細は上記リンク先にて確認を。
さて、また「国家権力」だの「陰謀」だのと騒ぐ方々が...、いたら面白いですね!(笑)

お昼休みの気分転換で投稿。

せと弘幸Blog『日本よ何処へ』の6/19エントリー「石井民主副代表と公明党の沈黙」において、現在ニュースを賑わしている郵便不正事件に石井一民主党副代表の名前が出ていることに対して、公明党が沈黙していると仰っています。詳細は瀬戸氏のブログを見てください。(見れる方は)

さて、当の公明党は沈黙しているの? ということですが、まぁ、皆さんはこのニュースを見てしっかりと事実を確認してくださいませ(苦笑)

確かに少し時間が経っているようですが、現在捜査中の案件ですから、不確定なことを(どこかのブログのようにさも真実であるかのように?)不用意に取り扱う必要もないのではないかと、個人的には思ったりなかったり。

あっ、あくまで個人の意見ですから(笑)

槇氏のブログ、2009.06.18 Thursday のエントリー
「まき やすとも」 逮捕まで秒読み
より引用

> これもまた、反応が早すぎ。
> 公明党議員が手を廻したか、創価学会が子飼の警察幹部を動かしたとしか思えない。

上記ブログにアクセスしたくないって方はWEB魚拓へどうぞ。
http://s04.megalodon.jp/2009-0619-0614-06/makiyasutomo.jugem.jp/

槇氏、反応が早すぎ(苦笑)

「新しい風を求めてNET連合」というのは、極右政治団体「維新政党・新風」の支持者がネット上で結成した勝手連です。

そのサイト(ブログ?)の6/17エントリーに☆政治セミナーの開催のお知らせというのがあります。

セミナー内容は、
第一部 『幸福の科学』の政界進出の背景と影響
第二部 「フリーメイソンと鳩山家の謎」

ん。吉田氏所属党の党首...だよね?
どんな内容なんだろうか...。知りたい。でも参加する勇気なし(笑)

昨日の街宣で配布されていたビラの内容は、槇氏のブログに貼られているのでそちらを参照のこと。

で、

「選挙カーの燃料費不正請求を見逃さない」という事がなんのことやら? という方は、YOMIURI ONLINEの以下記事ででもご確認を。

都議選の選挙カー燃料代、各陣営「今回は正確に」と慎重(2009年6月6日18時31分 読売新聞)

詳細は時間を設けて書く(予定)として...、ひとことだけ。

不正請求」と「過大請求」では意味がだいぶ違う気がするが気のせいだろうか(苦笑)

ふとしか事から、在日特権を許さない市民の会をネットで調べていたら、気になる動画に出くわした。

それは、「在日特権を許さない市民の会 吉田康一郎」をGoogleで検索すれば色々出てくるもの。

例えば以下のような動画があったりします。
※なんかリンク貼るのがイヤになったので、ご自身で...(^^;;

・吉田康一郎 東京都議 スピーチ【在特会全国大会】
・日本は幕末の状況

いずれも、在日特権を許さない市民の会(以下、在特会と略す)での吉田氏の講演動画です。

在特会の活動内容を云々するつもりはありません。
主義主張を持って活動されている事は素晴らしいことだと思います。(内容は別として)

私が疑問に思うのは、吉田康一郎氏が在特会の活動にどこまで共鳴しているのだろうか、という点です。